mineo(マイネオ)Dプランはドコモ回線利用?MVNOの仕組みを解説

mineo(マイネオ)Dプランはドコモ回線利用?MVNOの仕組みを解説

MVNOがデータプランを安く出来るのは設備投資が不要のため

single03-1

長年、日本のスマホ関係の通信に関してはドコモ・au・ソフトバンクの3社によって独占されているような状態が続いてきました。

他の企業が通信業界に魅力を感じていても参入できなかった理由としては通信事業を始めるためには最初に通信回線を敷設するといったような大規模な設備投資が必要となるというデメリットがあったためです。

したがって、スマホ関係の通信を扱う事業には資金力がある企業しか参入できず、また新たに参入した企業にとっては既に通信設備を整えている先行企業と不利な状態で競争する必要がありました。

このような点が足かせになって、通信事業に魅力を感じながらも参入を見送っている企業が多数存在するというのがこれまでのスマホ関係の通信業界の状況でした。

しかし、近年これらの大手3社が構築してきた通信設備をレンタルして事業を行うことが可能になりました。このような形で事業を行う通信会社をMVNOと呼んでいます。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略称になっています。このようなMVNOが提供するデータプランは「格安SIM」の愛称で親しまれています。

また、近年ではこの格安SIMと呼ばれるSIMカードとスマホ端末をセット販売する「格安スマホ」というサービスも提供し始めています。このようなMVNOの強みは何といってもコスト競争力です。

大手キャリア3社と比較すると圧倒的に安い値段で通信データプランを提示しています。このような低価格を実現できるのは大手3社の2大コストとなってる「通信設備設置のための費用」と「ドコモショップのような店舗設置費用」の2つの費用が不要であるためです。

唯一MVNOのデータプランに弱みがあるとすれば通話料金の高さですが、これに関してもIP電話のサービスを利用できたり、短時間の通話は無料にするなどのサービスを提供して大手キャリアとの差を詰めています。

ドコモ回線を利用しているmineoDプランについて

single03-2

さて、上記で述べてきたようなMVNOの代表例として「mineo」を取り上げてみたいと思います。

「mineo」に関しては他のMVNOにはあまり見られない特徴があります。それが、大手キャリアのうち2社から通信設備をレンタルしているということです。

その相手先はドコモとauであり、ドコモの回線を使ってサービスを提供するプランを「mineoDプラン」、auの回線を使ってサービスを提供するプランを「mineoAプラン」と呼んでいます。

この2つのキャリアの回線を利用することにより、ドコモを使っていた人もauを使っていた人も現状使っていた端末で簡単に「mineo」のサービスに乗り換えることが出来るというのが「mineo」の魅力になります。

また、「mineo」で人気があるのはドコモ回線を使用する「mineoDプラン」であり、通話に関してはNTTドコモと同じ品質で通話をすることが可能となっています。

また、通信速度に関しても大手キャリアには劣りますが平均で11Mbps程度の速度が出るという報告もあり、他のMVNOと比較すると高速の部類に入ります。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る