初期費用を抑えられる!端末購入サポートがあるMVNOまとめ

初期費用を抑えられる!端末購入サポートがあるMVNOまとめ

格安SIMの利用における端末の購入費用について

single08-1

データ通信量、基本使用料が格安料金でスマホの利用ができるサービスとしてMVNOの格安SIMサービスが近年高い注目を集めています。

格安SIMの場合、データ通信専用のSIMでは月額基本使用料が1000円以下の物が主流となっていますし、音声通話対応SIMの場合は1000円台半ばの料金で利用できるものが主流となっています。

大手携帯キャリアの場合から乗り換えをした場合、基本使用料が3分の1以下まで下がることも珍しくなく、人によっては格安SIMに乗り換えをすることで年間のスマホ代金を大きく節約することも不可能ではないのです。

しかし格安SIMを利用するにあたって大きな障壁となっていることがあります。

大手携帯キャリアと契約した場合、スマホの本体代金の購入サポートを受けることができるので、少ない初期費用でスマホを使いはじめることができます。一方で格安SIMの場合は基本的に自分で利用する端末を用意しなければいけません。

最近ではSIMとSIMフリーのスマホ端末をセットで販売するMVNOも増えてきましたが、基本的に端末代金は一括若しくは分割で全額自己負担しなければいけない事が多く、特に購入方法が一括しか用意されていない場合には初期費用が多額になってしまうことが考えられるのです。

しかし、最近では端末購入サポート付きのSIMと端末のセットプランの取扱いを始めるMVNOが増えてきました。これらのMVNOを利用することで初期費用を抑えて格安SIMの利用を始めることができるでしょう。

端末購入サポートのあるMVNOについて

single08-2

現在の主要なMVNOの中でSIMの契約と同時にスマホ端末を購入することで割引サービスを受けることができるのが、UQ mobile、楽天モバイル等が挙げられます。

UQ mobileは新しく「ぴったりプラン」というサービスの提供を初め、毎月1GBの高速通信量と1200円分の無料通話分、それにSIMフリースマホの端末代金を合わせて月額2980円から利用できるようになりました。

このプランを利用することでスマホの端末代金が実質無料になる仕組みとなっています。

楽天モバイルの場合は、不定期ではありますが通話SIMの契約と同時にスマホ端末を購入するとスマホ代金が安くなったり、多くの楽天スーパーポイントのポイントバックがあるキャンペーンを度々行っています。

特に楽天スーパーセール時には通話SIMとのセットプランの端末が半額になることもあるので、購入のタイミングを見計らって契約することでかなりお得に端末の購入ができます。

格安SIMを利用する場合は初期費用が大きいと考えられがちですが、これらのMVNOのサービスやキャンペーンを利用することで少額で利用を始めることができます。

ぜひともこれらの特典を活用してお得な格安SIM・格安スマホライフを享受したいですね。

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る