b-mobile(ビーモバイル)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

b-mobile

b-mobileは段階制プランとかけ放題で簡単・お手軽な格安SIM
b-mobile
  • スマホセット販売
  • 通話定額あり

b-mobileの運営母体、日本通信は最近VAIO Phoneで話題を呼んだが、MVNOの草分けでもある。現在の格安SIMの大きな流れを作り、今まで多種多様なプランを提供してきていた。



現在でもガラケー専用の格安SIMを提供している。今は段階制料金やデータ量が大容量のプランというシンプルなプランがメインとなっている。



今後のb-mobileは日本通信とU-NEXT(格安SIMのU-mobileの運営会社)で共同運営することが決まっているが、b-mobileのユーザーは今まで通りサービスが利用できる見通しだ。


b-mobileの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 500円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,300円~
最低利用期間 5ヶ月
違約金 8,000円
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 3円/通
データ容量の繰越 不可
通話料金 10円/30秒
最大通信速度 非公開
制限時の通信速度 200kbps
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「b-mobile」を検討しよう

  • 毎月のデータ容量の管理が面倒
  • 速度制限がかかるのが不満
  • 大容量のデータ通信量が欲しい
  • お手頃なかけ放題プランが欲しい
  • 古いガラケーでも格安SIMを使ってみたい

b-mobileでは5段階制のプランがあり、使用したデータ容量で料金が決まるプランがある。
使った分で料金が請求されるので、わずらわしい容量管理をしなくてよい。


b-mobileは原則、数日間に一定容量を超えた通信をすると速度制限がかかるという規定を設けていない。
そのため何日間も低速通信を強いられるということがない。
また、以前あった無制限プランに代わり25GBの大容量プランを開始し、通信品質も良くなり使いやすくなっている。



b-mobileのかけ放題プランはお手軽・お手頃。回数制限が設けられているが、3分の無料通話がワンコインでできるのは便利だ。
ほかにも、自宅に眠っているFOMA携帯はないだろうか。
既に契約解除したガラケーを格安SIMとして生き返らせることもできる。
スマホを試したものの、データ通信が不要なので元のガラケーに戻したい人はb-mobileのSIMで復活させることもできる。


b-mobileの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
b-mobileSIM 25GB定額 3,180 2,380 25GB 150Mbps 200kbps
b-mobile おかわりSIM 5段階定額 1,300円~2,300 500円~1,500 1GB~5GB 150Mbps 200kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

b-mobileの料金プランは、主におかわりSIM 5段階定額と25GB定額の2つ。
ほかにガラケー専用の音声通話SIMがある。



まずは多くの人向けのおかわりSIM 5段階定額を紹介する。
前述のとおり、これは使用した分だけ支払う段階制の料金プラン。
データ容量は1~5GBまでの5段階で音声付きとデータ専用のSIMがあり、音声付きはデータ通信に800円の料金が追加となる。



5段階制の料金制なので、月々の契約容量に縛られずフレキシブルに高速データ通信を使用することができる。
ただし、使い切れなかった端分の容量は繰り越しできないが、1GBごとのきめ細かいプランと、月ごとに使用した分払えばよいという明瞭性に長所を見いだせるなら価値がある。



2016年10月に評判の芳しくない無制限プランを廃止し大容量の25GBのプランの提供を開始した。
月額料金は他の格安SIMでいうと10GBのプランに相当し、割安さが際立っている。ほかに昔の3Gのガラケー(LTE・Xi端末は不可)を復活させたいという人には携帯電話SIMがある。
無料通話分が1300円/2700円/5000円分ある、S/M/Lの3つの音声専用プランがある。


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
キャッチホン 200円 通話中にかかってきた別の電話を受けられる。
留守番電話 300円 電波の届かない場所や、電源を切っている場合に伝言メッセージを預かるサービス。
転送電話 無料 指定した電話番号に転送するサービス。
国際ローミング 無料 海外の通信事業者のサービスエリアで利用できるサービス。
国際電話 無料 国際電話がかけられるサービス。
迷惑電話ストップサービス 無料 繰り返しかかってくる迷惑電話やいたずら電話を拒否できるサービス。
b-mobile電話 無料 通話料が通常の半額の10円/30秒になる。
通話3分定額オプション 500円 1回あたり3分まで、かつ、1日あたり50回までの通話が無料になる。
  • 価格はすべて税抜で表示

b-mobileを運営する日本通信のサービスは、ビジネス向けや一般向けでも通信に詳しい人が選択することが多かったためか、大手キャリアや他の格安SIMのように一般消費者向けの便利なオプションというのはほとんどなく、必要最低限のものだけとなっている。



おかわりSIMの上限容量の5GBや、大容量プランの25GBを超えて高速データ通信を行いたい場合、Turbo Chargeという容量追加オプションが利用できる。
追加単位は100MBと500MB。それぞれ90日間の利用期間がある。



音声オプションとしては基本機能のキャッチホン、留守番電話 、転送電話サービスのほか、かけ放題プランもある。
通話3分定額オプションはワンコインで1日あたり50回まで3分間の国内通話が無料になる。
3分を超過した通話は30秒10円の通話料となる。
なお、データ通信専用SIMのSMSサービスはオプション扱いとなる。


b-mobileのおすすめポイントはコレ!

b-mobile電話で通話料が約半額に

b-mobileでも他の格安SIMにあるような利用者専用通話アプリがある。 b-mobile電話をスマホにダウンロードし、iPhoneではこのアプリ経由から発信を行い、Androidスマホではダウンロードしたらスマホにもともと入っている標準のアプリから発信して手軽に利用ができる。

通話料は通常の約半額の30秒10円。ちょっとした通話をする頻度が多いならこのアプリをダウンロードして通話3分定額オプションのかけ放題プランを申し込もう。

高速データ通信が1GBのワンコインで使える手軽さ

b-mobileの5段階定額プランは使った分だけ支払う方式で、月の最低コストは1GBの500円。 容量を1GB消費するごとに250円追加されるわかりやすい料金設定。 さらに上限も5GB1500円と決まっているので安心して使える。

b-mobileのココに注意しよう!

通信制限について

b-mobileでは高速データ容量が残っているうちは速度制限が原則実施されないが、例外がある。 ファイル共有ソフトの通信や大容量のダウンロード、ストリーミングの連続通信は、時間帯によって制限をかける場合がある。 容量を使い切ると低速通信に切り替わるが、当日含め直近3日間の通信量が360MB以上になると速度制限する場合がある。

契約とサポート体制について

b-mobileでは最低利用期間が設けられており、4か月以内の解約では解約金を請求される。 また、未成年者(20歳未満)は申し込みできない。また、b-mobileの各種サポート電話はフリーダイヤルではなく、市外局番03の固定電話番号となる。 メールでの問い合わせもできるが、回答まで3営業日程度かかるのが現状。

b-mobileの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

b-mobileの速度などの評価・評判

b-mobileの評価は大容量の25GBプランに差し替えとなった旧無制限プランの提供開始時とその後で大きく分かれる。

料金設定がとにかく他社より安いプランで無制限ということもあり、当初は好評だったが契約者とトラフィックが急増するにつれ、通信速度が遅く使えないとの評価になってしまったようだ。

2016年10月からこのプランが廃止され、25GBの定量プラン(データ追加オプションは利用可能)に変更となり、いくらかはこの評価も改善されたもよう。 ただ、昼・夕方の混雑時間帯の通信状況は他の格安SIMと同程度のようだ。 また、一部の使用状況下では通信制限をすると公式アナウンスされているが、プラン移行後の実情は今のところ不明。

b-モバイルを運営する日本通信は格安SIMからMVNE(MVNOにサービス提供する会社)に移るとの意向も示しており、少なくとも25GBの大容量プランの加入は既存ユーザーの評価を待ってからでもいいと思う。 ただ、5段階定額プランの1GBと2GBのプランは他社に比べるとかなり割安なので、ライトユーザーで通信費に節約をしたい人向けにおすすめできる。

b-mobileの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

b-mobileは従量制プランがメインとなるサービスだが、他にも従量制の料金制度を持つ格安SIMがある。 比較対象としてFREETELとエキサイトモバイルをあげてみる。 b-mobileは相対的にみると格安SIMのなかでも1GBと2GBの料金が割安となっているが、結論から言うと少し多めに通信しても安心なのがエキサイトモバイル、ライトユーザー向きなのがFREETELになる。

詳細を説明すると、1GBまでならFREETELのプランがb-mobileより安く、2GB以上使うならエキサイトモバイルのほうが安い。 ただし、通話をよくする人の視点から見るとかけ放題の有無とその内容で格安SIMを選択したほうが良いこともある。

エキサイトモバイルにはかけ放題プランがなく、FREETELのかけ放題プランは1分間と5分間のもの。 b-mobileは3分間のかけ放題プランとなっている。 データ通信より通話が多い人はかけ放題のサービス内容でSIMを選ぼう。

他に、b-mobileも含めた格安SIMは未成年(20歳未満)の契約ができないが、シェアプランを提供することで格安SIMを利用できないのを回避する方法をとる会社もあるが、b-mobileにはそのようなプラン制度がないので、子どもに携帯回線を使わせたい場合は他社を選ぶ必要がある。

最近、格安SIMのMVNOも林立し撤退するところも見かける。 b-mobileは現在の日本通信からU-mobileのU-NEXTに移ると予想されるが、サービスは変わらず提供予定と報道されている。 過去にDTI SIMの格安SIMサービスがToneに移管・継続された実例もあり、格安SIM会社のサービスが急に休止になってユーザーが困ったりすることはないと思われる。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

b-mobileの口コミ

必要十分、音声にだけ注意

  • zen_withさん
  • 20代/男性
利用プラン b-mobile おかわりSIM 5段階定額 音声付(マイクロ)
速度満足度 (とても快適で満足している)
利用端末 ASUS Zenfone 5(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
b-mobileを選んだ理由
ネットでの比較サイトを読み、データ通信がそれほど速くなくてもよい、料金がなるべく安いほうがよい、音声通話プランがある、マイクロSIM対応であるという点を条件にして探したところ、b-mobileのSimがその中で最も評価が高かったため。
b-mobileを使ってみての感想
コスパは最良だと思います。一定通信料に達すると自動的に次の段階に移行するため、多くのスマートフォンユーザーを悩ませる「通信制限」という事態をあまり気にしなくてよいです。通信速度は、端末によりますが3G通信でもYoutube程度であれば問題ありません。(さすがに、大容量ファイルのダウンロードなどはそれなりに時間がかかります)。通信量や請求金額はサイト上のマイページから閲覧・管理でき、解約、一時停止などの手続きもできるため便利です。注意点としては、他のMVNOもそうですが通話定額というプランはないので、音声通話は別途050plusやSkypeなど別の手段を用意しないと、結果的にあまり安くならないということがありえます。

高速通信が可能で料金も安い

  • kenさん
  • 20代/男性
利用プラン 高速定額プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 iPhone 6s Plus (Apple)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
b-mobileを選んだ理由
b-mobileを選んだ理由はデータ通信量が無制限で使用できる「高速定額プラン」が魅力的に思えたからです。データ通信料が無制限でありながらキャリアに比べると通信料も安くできるのが選んだ決め手となりました。
b-mobileを使ってみての感想
b-mobileは通信速度に関して少し問題があると聞いていましたが、高速定額プランでは動画視聴でも問題なく利用できる速度が出ていました。ダウンロード速度も思っていたよりも速いのでアプリなどをダウンロードする際もストレス無く利用できそうです。
音声通話についても問題なく会話することができています。コスパについてはキャリアの半額程度で利用できるのでとても経済的だと思います。サポート体制も充実しているので何かトラブルが起きても安心です。

なんだかんだ便利

  • キテレツサイさん
  • 30代/女性
利用プラン おかわりSIM データ専用
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 KATANA02 (FREETEL)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
softbank
b-mobileを選んだ理由
まだまだMVNOが一般的に認知されていない時、simフリーのiphone4に入れて使っていました。その時も特段遅く感じず、普通に使えていたので、その印象から安心感がありb-mobileを選択いたしました。
b-mobileを使ってみての感想
当時は確か3GBプランとか、他社のように選べた記憶があるのですが、今はおかわりsimというプランしかなく少し不満です。このおかわりsimというのは1GB~5GBまで使用したデータ量に応じて金額が変わっていくという仕組み。1GB以内だと540円で済みますが、逆に5GBまで使ってしまうと1620円かかってしまうというもの。使わなかった月は少ないが、多く使うと多く払うという一見お得なプランに見えるのですが、個人的な考えでは、そこまで月によって使用データ量が大きく変動する人は少ないと考えており、上限が1620円になってしまっている事で、3GB1000円前後のプランに比べ、料金面は高くついてしまうかもしれません。

スマホゲーム用に

  • しま猫さん
  • 30代/男性
利用プラン データのみの高速定額プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 ZenFone 2 (ASUS)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
その他
b-mobileを選んだ理由
どの会社が一番いいのかと悩んでいたのですが、やはり格安SIMを始めた会社というのとドコモエリアで使えるというところで安心して使えるのかなという思いから選びました。あとは速度定額プランもあるのも選んだ重要なポイントです。
b-mobileを使ってみての感想
スマホゲーム専用として主に使っているのですがゲームの使用についてはそんなにストレスを感じることはないです。ただ、YOUTUBEの動画サイトを見るときは止まってしまってしまうことは時間や場所によってはあります。通信制限なく使い放題ではありますが、実際のドコモやauなんかとまったく同じ速度でるということではないのでそこは過度に期待しない方がいいと思います。動画を高画質で快適に見たいという方にはおすすめしませんが、スマホゲームなら十分楽しめますよ。

常に新しいプランに乗り換えた方がお得です。

  • ロドリゲスさん
  • 40代/男性
利用プラン b-mobile X SIM(プランI)
速度満足度 (やや気に入らない点がある)
利用端末 F08D(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
b-mobileを選んだ理由
イオングループが各安SIMに参入した時に、実店舗で各安SIMを購入できるという手軽さと、1ケ月に1000円以下でデータ通信が利用できるという事に魅力を感じて、イオン専用b-mobileSIMを選びました。
b-mobileを使ってみての感想
契約当初は、200kbpsの低速での1ケ月使いたい放題というプランのみでしたが、NTTドコモの回線を利用しておりLTE回線のスピードにも対応した高速通信のプランも用意されました。
高速通信のプランに関しては、1ケ月の通信量を利用者の目的や利用状況によって選択することができます。
1ケ月1GBまでの高速通信が可能で1000円を切るものから、1日51MBまでの高速通信が可能なユニークなものが用意されています。
常に時代に合った契約プランを用意してくださっているので、新プランの案内があれば、乗り換えた方がお得だと思います。