DTI SIM(ディーティーアイシム)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

DTI SIM

DTI SIMならネットも電話もダブル放題!
DTI SIM
  • 通話定額あり
  • 容量無制限プラン
  • 即日MNP対応

DTI SIMはfreebit傘下、プロバイダのDTIも運営するドリーム・トレイン・インターネットが提供する格安SIMのMVNO。



もとはServersMan SIM LTEという、低速通信のみのデータSIMを提供していたが、これを他社に移管し新しく高速通信SIMサービスに参入した。



DTI SIMは後発のためもあってか、他社にあるサービスを改良し安く提供したりしているが、最近はDTIにしかないユニークさも目立つ。例えば電話のかけ放題とネットの使い放題のプランが両方使えるのはここだけ。安さは際立つザ・格安SIMといえる。

DTI SIMの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 600円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,200円~
最低利用期間 12ヶ月
違約金 9,800円
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 3円~/通
データ容量の繰越 利用開始月より7カ月後の末日の未使用のデータ容量から、繰り越し可能。
通話料金 20円/30秒
最大通信速度 225Mbps
制限時の通信速度
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「DTI SIM」を検討しよう

  • とにかく料金が安いSIMがいい
  • ネットも電話もフルに使いたい
  • DTIの既存会員だ
  • 格安SIM移行には不安がある
  • 突然通信制限にあうのは困る

DTI SIMは後発のためか基本料金の安さを売りとしている。
業界最安級の月額基本料金で、業界最安値水準をうたうDMM mobileより安いかほぼ変わらない料金でサービスを提供している。



2016年5月にデータ容量10GBのプランが料金据え置きのまま、ネットつかい放題プランに移行となり、さらにでんわかけ放題プランも提供されるようになり、高速データ通信も通話も思う存分使いたい、という人にも使いでのあるSIMとなった。



DTI光の既存会員がDTI SIMを契約するとDTI光が月々150円割引になる。
最安級のDTI SIMと自宅のWi-Fi環境をDTI光にすれば効率的に通信費を節約できる。



DTI SIMではお試しプランと銘打ち、データ専用SIMの3GBプランが半年間無料になるプランを提供している。
SIMの通信品質などを確認して通常の契約に移れる。
音声プランのお試しプランであっても、かけ放題オプションのついたでんわ定額プランが半年間お得な料金で使える。
格安SIMのサービスに不安感のある方も、この制度で十分払しょくできるはず。


DTI SIMでも他のSIMと同様、3日間規定の通信量を超過すると通信制限が実施される。
他社では3日間の通信量を判断し、そのまま通信規制してしまうが、DTI SIMでは2日間の通信量が規定の7割を超えた場合、アラートメールが届くので、規制についひっかかってしまい困ってしまう事態を防ぐことができる。

DTI SIMの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
でんわ定額プラン 3GB 2,270 0 3GB 225Mbps 200kbps
データ半年お試しプラン 3GB 0 840 3GB 225Mbps 200kbps
1GB 1,200 600 1GB 225Mbps 200kbps
3GB 1,490 840 3GB 225Mbps 200kbps
5GB 1,920 1,220 5GB 225Mbps 200kbps
ネットつかい放題 2,900 2,200 無制限 225Mbps 200kbps
ノーカウントβ 1,920 1,220 10GB 225Mbps 200kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

DTI SIMには初めて申し込む人限定のプランがあり、利用を始めた月から6か月間かなりお得にSIMが使える。
データ専用プランと音声プラン(かけ放題オプション付き)がある。



データ専用プランはデータ半年お試しプランといい、SMS付きも選べ、いずれも月額基本料金が無料。


音声プランはでんわ定額プランというかけ放題のオプションサービスが付いている。
しかも他社のかけ放題(通話定額)と比べて格段に安い。格安SIM初心者向けのサービスプランだ。


通常の料金プランには、データプラン(SMS無/有)と音声プランがあり、それぞれ高速データ容量が1/3/5GB、ネットつかい放題オプションをつけるかどうかを選べる。
月額基本料金が最安級でありながら、データ容量の残量は翌月に繰り越しもできる。


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
DTI SIM ノーカウントβ(ベータ) 1220円 10GBが5GBプランの値段で使える。(5GBデータプランの月額基本料金に容量チャージ5GB分(1GB600円)を加えた金額)
スマホレンタルオプション 3600円 iPhoneをレンタルすることができるサービス。
ダブル放題 3680円 ネット使い放題×電話使い放題のプラン。
  • 価格はすべて税抜で表示

DTI SIMでは格安SIMには珍しく、高速データ通信のつかい放題とかけ放題のオプションプランを提供しており、両者を併用しての利用が可能。
DTI SIMではこれをダブル放題と称している。
電話もデータ通信も両方思う存分使いたい、という人向けの欲張りなプランだ。



DTI SIMのでんわかけ放題は、月の定額料を支払うと5分以内の国内通話(例外が一部あり)が回数無制限で無料となる。
5分を超過した後は30秒20円になる。
ダブル放題にするには通常プランを音声プランのネットつかい放題プランに設定し、オプションででんわかけ放題プランを契約することになる。



留守番電話やキャッチホンといった電話機能に付随したオプションはMy DTIから申し込みする。
容量チャージのオプションで高速データ通信の追加ができる。
追加単位は500MBと1GBで、料金も他社に比べると割安だ。
さらに余った容量は翌月に繰り越しできる。



DTI SIMでは各所とタイアップした料金プランを提供している。
ブームとなったポケモンGOをプレイする人向けにはDTI SIM ノーカウントβというプランが用意されている。
これはβ版であり、2016年秋に通常版が提供開始予定。


高速データ通信容量が10GBのプランだが、月額基本料は通常プランの5GBのプランの据え置きのまま、というプランだ。
追加される5GBはDTI SIMが算出したもので、Pokémon GOを1か月使用した場合に消費するのと同等の容量だという。
ただし、通常のDTI SIM ノーカウントはPokémon GOの通信相当分を無償にする、というコンセプト。順次移行が予定されているので、ポケモン GOアプリを使用する人におすすめする。


DTI SIM コンテンツパックは、DTI SIMと女性向けコンテンツの月額基本料金の合計から料金が割引になるというもの。
パック対象の通常プランはでんわかけ放題つきのデータ容量が5GBプランとインターネットつかい放題プラン、電話機能なしのデータ容量5GBプランとなる。
コンテンツは今後追加される予定。


DTI SIMのおすすめポイントはコレ!

DTI SIMは業界最安級

DTI SIMは今まで提供していた格安SIMサービスを他社に移管し、新たに高速データ通信の格安SIMにリニューアルされた。 新しいSIMサービスの特徴としては、他社に価格競争をしかけ最安値を維持して消費者の支持を得ようとしているというところだろうか。 価格競争に打ち勝つためにシンプルなプランを提供、ニーズの高い4段階の容量のプランしか設けていない。 オプションプランの料金も他社に比べて最安級。容量の追加チャージ料金や通話定額のかけ放題プランの料金も他社に比べてかなり安い。

でんわかけ放題でも最安級

格安SIMは通話メインの人には使いにくいサービスだったが、2016年に入り各社でかけ放題プランを提供するようになっている。 DTI SIMでも通話定額のかけ放題プランを開始した。 他社の価格動向に敏感なDTI SIMだけあって、他社より安い料金設定だ。 ただし通話時間が5分を超えると、30秒20円の標準の通話料がかかるので、無料通話時間を超過してしまうと他社より割高になる可能性が高い。

DTI SIMのココに注意しよう!

圧倒的に安いネットつかい放題の詳細について

2016年5月から提供開始したネットつかい放題プランは、他の格安SIMのように速度を控えたプランではない。 通常の1/3/5GBの容量のプランと同じ通信速度で提供されている。 ただし、通信量が他の利用者の平均利用容量を超過すると速度制限を実施するとアナウンスされている。

使い放題といっても実質1日もしくは2日間の通信量が1~3GB程度なら、高速データ通信が使えるようだ。 そこから計算できる実用上の容量は約15~90GBとなる。 ただ、その容量を超過してしまい仮に速度制限が実施されたとしても、追加のデータ容量の購入はできない。 また、DTI SIMのネットつかい放題の破格の安さに惹かれて契約する人が多くなると、速度低下が起こることが予想される。回線設備の増強も適宜行われていると思うが、留意する必要がある。

DTI SIMの通信制限

2016年11月22日以降、直近3日間で1GBプランでは700MB、3GBプラン/半年お試しプラン/でんわ定額プラン/5GBプラン/ノーカウントβプランでは2GBの容量を消費すると、速度制限が実施される。 事前にアラートメールが送信するサービスもあるが、他の格安SIMにあるような高速通信と低速通信のON/OFF機能を提供していないので、高速通信が必須でないLINEやメールなど、どんなものでも高速通信することを強いられるので、容量消費は早まりがちとなる。

月額基本料金は安い反面、各種手数料が高め

DTI SIMは通信サービス料金は他社より安めだが、通信サービス以外の手数料の金額が高い。 たとえば、MNPで他社へ移行する場合、他社では3000円のところ、DTI SIMの場合5000円ととても高い。 最低利用期間(12ヶ月)内の解約手数料に関しては他社並みとなっている。 また、SIM未返却による紛失手数料請求を厳格に運用しているのはここぐらい。 ちなみにSIM返送料はユーザー負担。 SIM送付関連では、SIMがなんらかの事由により不達でDTIに戻された場合、再発送手数料がかかる規定もある。

SIMとスマホセットの有無、MNPで不通期間発生

DTI SIMは料金が安いのが強みで、スマホとのセット販売やSIMの有人店舗での販売はしていない。 SIMはネット申し込みが原則で、端末に関しては自分で用意するのが基本になる。 一時期新しいiPhoneを毎年レンタルできるサービスも提供していたが、再開は未定となっている。 したがって、スマホ初心者にはとっつきにくいSIMではある。 また、MNPでDTI SIMに乗り換えするときに、Web上でDTI SIMと契約手続きして少しすると、手持ちのSIMカードで通信することができなくなる。 DTI SIMが届くまでの数日間、電話やメール・LINEなど、外部に連絡ができなくなる期間が発生するので注意が必要だ。

DTI SIMの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

DTI SIMの速度などの評価・評判

DTI SIMは料金の安さと引き換えに手続きやSIM送付などが簡素化されているので注意したほうがいい。

契約日は自宅にSIMが届いた日となる。量販店など有人店舗での契約はできない。 あるユーザーは月初めに届くように申し込んだものの、郵便事情により前日の月末に届き、1ヶ月分前倒しの契約になったという。 自分で任意の日に開通手続きができず、DTI SIM側のほうで着荷を確認しての契約となる。 DTI SIMの申し込みは月を回ってからのほうが安心かもしれない。

DTI SIMはネットつかい放題プランが好評でかなりの契約者を獲得したようだ。 そのため、プラン開始頃のレビューには好意的なものが多かったが、時を経るにつれ通信速度について不満が垣間見えるようになってきた。

ユーザー数の急激な増加がサービスの低下につながるというのが顕著に出ていたが、何回かの設備増強により2016年10月ころには混雑時間を除いてかなり改善されているもよう。

自衛として、他社より破格なサービスを開始している格安SIMには安いからと飛びつかず、現ユーザーや通信速度実測サイトなどのレビューなどを参考にして慎重に検討したほうがいい。 ただし、半年間のお試しプランはデータ通信をそれほどしない人には好評だった。 契約者数の急増はデータ通信回線の混雑ぶりにくらべ、電話回線のほうには特段影響がなかったようだ。

DTI SIMの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

DTI SIMは料金の安さが売りなので、他の格安SIMのMVNOとの比較もこれがメインとなるだろう。 DMM mobileは業界最安水準をうたっており、DTI SIMと価格競争をしている。

DTI SIMはユーザーの平均データ使用量の3GBのプランでDMM mobileより安い料金を実現している。 実際のところ、他プランの料金差は10円でしかなく、ほとんど変わらない。

データ高速通信の使い放題プランはDTI SIMのほかU-mobileも提供しているが、料金はDTI SIMが最安だ。 U-mobileは高速データ通信を中断する目安となる帯域幅(×GB)を公開しておらず、価格に対しての割安さや実質的なお得度はどちらがよいとは一概にいえない。

ほかにインターネットの使い放題プランを提供しているのは、通信速度が遅めの3MbpsのワイヤレスゲートとぷららモバイルLTE、低速では500kbpsのUQ mobile、250kbpsのワイヤレスゲートがある。

格安SIMで多くみられるようになったかけ放題の通話定額プランは、無料通話できる時間が1/3/5分と各社でさまざまある。 大手キャリアも含めメジャーな5分のプランではDTI SIMが700円台と最安だ。

ただし、通話専用アプリがないので、5分を超過する通話は通話料が他社に比べると2倍と高い。 また、データ通信をほとんどしない人は大手キャリアのガラケー専用のかけ放題プランのほうが安く済む。 個人個人のスタイルにより他社がお得になるケースがある。

DTI SIMは他社によくあるサービスが省かれているので注意。 例えば、高速データ通信のON/OFF切り替え機能、家族やサブ回線持ちに便利なシェアプラン、先ほどあげた通話専用アプリである。

月額料金の安さ(固定費)を優先するならDTI SIMだが、自分の通信スタイル(通話やデータ通信量)をよく考えて選んだほうが効率的な通信費の削減にはなる。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

DTI SIMの口コミ

格安SIMに乗り換えたら

  • もやしさん
  • 30代/女性
利用プラン DTI SIM LE
速度満足度 (可もなく不可もなく程度)
利用端末 FLEAZ F4scovia)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
au
DTI SIMを選んだ理由
私がネット検索などで比較した中で一番月額価格が安いプランを提供していたからです。月額500円を切るというのは大変魅力でした。端末も1万円をきる安いものを買うことを決めていたので、通信速度に速さは求めなかったし、繋がればいいかなと。
DTI SIMを使ってみての感想
安いプランなので通信速度は遅く、外出先で動画を見るなんてことはできませんが、メールチェックやLINEでのメッセージのやり取りは可能なので私的には問題なし。料金の支払いにクレジットカードの所有が必要だったのが難点で(クレジットカードは嫌いなので)、別の口座引き落としができる会社も検討しましたが、月額料金の安さに負けてこの業者と取引するためだけにクレカを初めて作りました。最初の導入手続きも難しくなかったし、簡単で安く格安スマホデビューできるよい業者だと思います。ガラケーとの2台もちでも月額料金はトータルで3000円以下に抑えられます。

DTISIM

  • ぴかんさん
  • 20代/男性
利用プラン シンプル・プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 arrows M02富士通)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
au
DTI SIMを選んだ理由
なんといっても料金が安いことが選んだ基準になっています。当時は現行のシンプルプランのみだったのですが、今は幅の広いサービスを提供しています。しかしシンプルプランの利便性が高く、コストパフォーマンスも優れています。
DTI SIMを使ってみての感想
通信速度は全国で利用したわけではないので確かなことは言えませんが、都内では問題なく使用することができます。一つ注意しておきたいのは電車に乗っている時、駅間の広い東京メトロや新宿、代々木間はうまく接続できないことがあります。しかしシンプルプランは月額約600円程度で利用できるのでかなりコストパフォーマンスに優れています。ルーターに入れて使用しているので、複数の端末で接続できるので個人的には満足しています。

業界最安値

  • たたたなかさん
  • 40代/男性
利用プラン DTI SIM 音声プラン 3GB
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 arrows M02富士通)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
softbank
DTI SIMを選んだ理由
業務最安値に惹かれていろいろ調べてみました。
DTIってインターネット黎明期からプロバイダーやってる会社って言う事くらいしか知らなかったんですけど、調べてみたらフリービットって言うプロバイダーのプロバイダーみたいな事やってる会社の子会社になってたんですね。
これなら安心と思って契約しました。
DTI SIMを使ってみての感想
通信速度は、まあ満足しています。
困った事はいままでないのでサポート体制はわかりません。
余った分が繰り越しできるし、無料キャンペーンにも満足しています。
ただ少し残念な事が一つだけ、残りの通信量を見るページがスマホ対応していないんです。
スマホからしか見る事の無いページがですよ。
しかもPC用の小さな文字だらけのページから通信量が記載されているところを探して拡大しないと見られない。
ここだけ改善してもらえば、その他はすべて満足しています。

旅行先でも安定して使えています

  • 今鹿さん
  • 30代/女性
利用プラン データSMSプラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 iPhone 5Apple)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
au
DTI SIMを選んだ理由
重視したのは料金面が一番ですが、回線の強さも考えてこちらのモバイルサービスで契約しました。携帯会社の回線を利用しているので対応している範囲が広く、旅行先の地方でも電波状況が悪くなったという経験はありません。
DTI SIMを使ってみての感想
ブラウザアプリなどシンプルな機能がしかないの使いやすいです。郊外で生活しているのですが、都心と自宅での通信状況の差はなく安定しています。ラインなどのアプリは問題なく見られますが動画は少し重たく感じます。料金は基本料が1000円以下で助かりますが、オプションや追加料金などで約5000円ほどになります。携帯代に10000円以上かかってた頃に比べるとかなり安くなっているので料金面では満足しています。キャリアメールが使えないなどの制限はありますが使わないので大丈夫です。

日常使うには問題ないレベルです

  • ゾンビーナさん
  • 30代/男性
利用プラン 音声プラン 3GB
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 iPhone 6Apple)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
softbank
DTI SIMを選んだ理由
家のインターネットがDTIですのでその繋がりでSIMもDTIのものを利用しようと思いました。通話とデータ両方対応のSIMでも他の会社よりも安い場合が多く、今まで使っていたiPhoneがそのまま使えるというのもDTIを選んだ理由の一つです。
DTI SIMを使ってみての感想
サポート体制はとくに良いとは感じません。普通といった感じです。ですがSIMは通信速度も速く安定していると思います。平日でしたら今まで使っていたソフトバンクのSIMとなんら変わりはないと思います。データ量が3GBの私にとってはちょうど良い容量のプランがあるのでデータ量を気にすることなく使えますし、通話とデータ通信で月1500円以下というのはとても安いと思います。ただ、日曜夕方はかなりデータ通信速度が遅くなることもあります。必ずというわけではありませんが、通信が遅すぎて何度か動画が動かないなんてこともありました。