FREETEL(フリーテル)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

FREETEL

FREETELならスマホとセットで快適な通信ライフ!
FREETEL
  • スマホセット販売
  • 通話定額あり
  • 即日MNP対応

FREETEL(フリーテル)は、2012年設立のベンチャー企業、プラスワン・マーケティングが運営する格安SIMのMVNO。



自社ブランドのSIMフリースマホと通信サービスの両輪でサービスを提供している。



格安SIMサービスの後発組ながら家電量販店でも専用ブースが設けられており、大手のシェアに食い込もうと頑張っているMVNOだ。



著名なSNSサービスの通信を無料にするユニークなサービスや、ライトユーザー向けの低容量プランは業界最安の料金設定と、気になる方は要チェックの格安SIMだ。


FREETELの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 299円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 999円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 3円/通
データ容量の繰越 不可
通話料金 20円/30秒
最大通信速度 225Mbps
制限時の通信速度 200kbps
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「FREETEL」を検討しよう

  • データ容量の管理が面倒
  • おトクにスマホを購入したい
  • キャリア乗り換えに時間をかけたくない
  • 各種SNSのヘビーユーザー
  • 携帯電話回線の維持費をとにかく安くしたい

FREETELでは高速データ通信を使っただけ払う従量制のプランがあり、月のデータ容量を気にしながらデータ通信をする必要がない。
スマホを新しく購入したい人はFREETELの格安スマホと回線をセットで使うとスマホと通信料、かけ放題もついたプランがとってもおトク。


格安スマホに乗り換えるときに、外部と連絡がとれなくなってしまうブランク期間が生じるのは残念ながらほぼ標準仕様となっているが、FREETELは量販店やWeb上の手続きでも通信ができない不通時間がなく、自由なタイミングで切り替えができるという利点を持つ。


Web申し込みでも最短で当日発送するため、早ければ申し込み翌日に開通できる。
ビジネスや緊急の用事で通信SIMが必要になったとしても、すぐに使えるというのは便利だ。


FREETELでは各種のSNSサービスの通信に料金がかからないシステムを持っている。
スマホを使うのは友人・知人とSNSで交流するため、という方にとってはもってこいのSIMだ。
FREETELは通信や通話もほとんどしない受け専用の回線として持つなら、維持費が激安で済むので、高齢の老親や幼い子供に持たせるSIMとしては最適。
しかも通話料はFREETELでんわアプリを使えば30秒10円で発信者の番号通知もできるので安心だ。

FREETELの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 999 299 ~100MB 225Mbps 200kbps
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 1,199 499 ~1GB 225Mbps 200kbps
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 1,600 900 ~3GB 225Mbps 200kbps
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 2,220 1,520 ~5GB 225Mbps 200kbps
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 2,840 2,140 ~8GB 225Mbps 200kbps
使った分だけ安心プラン(ドコモ回線) 3,170 2,470 ~10GB 225Mbps 200kbps
定額プラン(ドコモ回線) 1,199 499 1GB 225Mbps 200kbps
定額プラン(ドコモ回線) 1,600 900 3GB 225Mbps 200kbps
定額プラン(ドコモ回線) 2,220 1,520 5GB 225Mbps 200kbps
定額プラン(ドコモ回線) 3,170 2,470 10GB 225Mbps 200kbps
定額プラン(ドコモ回線) 5,570 4,870 20GB 225Mbps 200kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

FREETELのプランは大きく分けて3種類ある。
8段階の従量制プランと他社で月の契約容量が決められている定額プラン、スマホとかけ放題のプランがセットになったスマートコミコミプランだ。
従量制プランは使った分だけ安心プランといい、その月に使った分だけの料金を支払う。


100MB、1/3/5/8/10/15/20GBのプランがあるので、少ししか使わない人や大容量の通信をしたい人でも十分使える。
なお、20GBの申し込みはFREETELのマイページから行う。
また、20GBから10GBへ変更することはできない。


他社で標準の月の契約容量が決まっているプランはFREETELでは定額プランという。
このプランの通信容量は、1/3/ 5/8/10/15/20/30/40/50GBと、かなりの大容量まで幅広く提供している。
月々使う容量を日々計画的に使える人はこのプランが適している。


定額プランで契約した容量を使い切れなかった場合、残量を翌月に繰り越しすることが可能。
また、これら2つの通常のプランは互いにプラン変更やコース変更が可能だ。


FREETEL独自のスマートコミコミプランは自社ブランドの格安SIMフリースマホと従量制の高速データ通信の使っただけ安心プラン、5分のかけ放題プラン、スマホの補償サービスのとりかえ~るがセットになったかなりお得なプラン。
ただし、スマートコミコミから通常の2つの契約プランに変更はできない。


プラン選定のヒントをいくつか紹介しよう。
従量制の使った分だけ安心プランはとても便利だが、使い過ぎが心配という方もいるだろう。
マイページから20GBに申し込みしなければ10GBまで自動的に高速データ通信サービスが提供されるので、スマホの利用管理が苦手なユーザーの場合、節約モードという機能を活用しよう。


節約モードは高速データ通信のON/OFFができるもので、ウェブのマイページから操作できる。
また、節約モード設定画面では当月の使用量も確認できる。
さらにFREETELではモバイルデータ通信の上限が設定できる機能があり、任意に設定したデータ容量に達すると、モバイルデータ通信を停止することができる。(初期値は5GB)


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
FREETELでんわ 399円 FREETEL SIM(音声通話付)と一緒にご利用いただくことで、国内通話が何度でもかけ放題になる専用アプリ。
通話料いきなり半額 無料 通常の携帯電話の通話料金が半額になる。
  • 価格はすべて税抜で表示

スマホの基本機能を補完するオプションプランには以下がある。
定額プラン契約者向けには容量を0.5GB単位で追加できる、データ追加チャージがある。
また、FREETELには他の格安SIM同様、かけ放題プランがあり、通常の5分かけ放題プランのほか独自の1分間のかけ放題プランも設けている。
1分というと中途半端なようだが、規定の時間を超過すると通話料は30秒10円なので、ちょっとした用件の電話をちょこちょこかけることが大半なら1分のかけ放題プランに加入するのもありだろう。


スマートコミコミプラン加入者は購入から1ヶ月限定で安心補償サービスに加入できる。
これは2年有効で、スマホ自損時に70%引きの有償補償が受けられる。
セキュリティサービスにはFREETELあんしんセキュリティパックがある。
これはAndroidスマホ向けに各種のセキュリティ対策商品がひとつになったパッケージサービス。
メインとなるセキュリティソフトはマカフィー。
マカフィーで賄えない閲覧制限管理や迷惑電話ブロック、データの復旧サービスまで入っている。
そのほかにもコンテンツが楽しめるmusic.jpなどのオプションサービスがある。



FREETELのおすすめポイントはコレ!

FREETELの格安SIMとセットになった割安なスマホ

FREETELのスマホは自社開発製品や海外製品をベースにしたものだ。 ハイエンドからエントリーモデルまで選択肢は幅広く、しかも自社で提供しているため安価。 最新機種は4万円から、手頃な1万円未満の機種もある。

また、スマホとセットが前提のスマートコミコミプランは、従量制データ通信とかけ放題ととりかえ~るというサービスがパックになったプラン。 とりかえ~るは最短半年でそれまで分割払いしてきたスマホの残債を免除し新機種に機種変更ができたり(使用期間3年未満のスマホは要返却)、1年以上使っているスマホが自損となった場合、残債免除のうえ最新モデルに機種変更が可能(1年未満は新品の20%の代金支払いで交換可)。 これらは他のキャリアにはみられないユニークなサービスだが、FREETELはSIMフリースマホでシェアがトップクラスなので、量販店で店員から詳しく機種の情報を聞いて、購入するスマホを判断するのも手だ。

各種SNS、AppStoreのアプリダウンロードが無料!

FREETELではさらにユニークなサービスがあり、LINEなどのSNSの通信サービスとポケモンGO(Googleマップのデータは除く)、iPhone専用SIMのAppStoreからのアプリダウンロードの通信量が無料となっている。 これらに加えて2016年12月20日から、Twitter、Facebook、Instagramなどもパケット通信の無料対象となる。

ただし、追加されたサービスについては定額プラン3GB以上の通信プランが対象。 LINEについてはLINEトークが対象で無料通話や動画は対象外となっている。 LINEやポケモンGOの通信量は少量なので大幅な節約は望めないものの、AppStoreのアプリダウンロードや、2016年12月から始まるSNSの通信分は人によってはかなり重宝するかもしれない。 注意点としては、AppStoreのアプリに追加のアップデートがあった場合は、ダウンロードのデータ料が別途かかるので、発売されてから時間が経過したアプリなどは特に気をつけよう。

最低利用期間や解約金がない

FREETELでは他の格安SIM会社によくある最低利用期間がない。 そのため高額な解約手数料が全くかからない。 ただし、FREETELの社長いわく、短期MNP転出で乗り換えして得をする悪質なユーザー(ホッパー)を排除するために12ヶ月までのMNPの転出料を高く設定しているとのこと。 でも、番号が引き継げないが、普通に解約するなら手数料はかからない。 格安SIMが不安なら試しに利用してみて、よければ自分のメイン番号をMNPし新しいスマホといっしょにFREETELに乗り換えする、というのも一考だ。

FREETELのココに注意しよう!

家族で利用するには少し使いにくい

FREETELでは契約年齢に制限を設けており、20歳以上75歳未満の方が対象となっている。 また、シェアプランを設けていないので、家族間でデータ容量を分け合うことで通信料をお得にしたり、複数端末でSIMを入れ替えずに通信を行う、といったことができない。 また、年齢制限があるため親名義(老齢の親の場合は子名義)にしたりと、契約するのに制限が生じる。

〇日間の通信制限はないが、低速通信の速度が遅い

FREETELでは使った分だけ安心プランや定額プランでも、契約容量内の通信であれば速度制限が実施されることはない。 ただし、容量を超えたために低速通信に切り替わったり、自分で節約モードの低速通信に切り替えた場合、その通信速度がかなり遅いとの評価がある。 他社だとバースト機能のような、通信を開始した瞬間だけフラッシュで高速通信を行うシステムを設けているところもあるが、FREETELでは未導入のため気をつけよう。

FREETELの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

FREETELの速度などの評価・評判

まず、公式サイトにSIM販売シェアNo.1とあるが、これはヨドバシカメラでの販売において1位とのこと。 国内全体での格安SIMのシェアは大手に及ばないが、ユニークなサービスで勢いのある格安SIMのMVNOであることは間違いない。

通信品質も高品質を志向しており、月に2回の割合で回線を増強し、契約増加などによる通信速度の低下があっても対応はわりあい早めにしてもらえるようだ。

ただし低速モードの通信品質はあまり評判が良くない。 低速の節約モードにすると、高速モードに戻すためにはFREETELのWebサイトのマイページにアクセスする必要があるが、切り替えができないとのレビューが複数あった。 高速通信については評価はおおむね良好だった。

しかしながらスピードテストアプリで高速な数値が表示されても、実際の動画視聴やWeb閲覧では時間帯によっては実用に値しないこともあるとの評価も。 FREETELは最低利用期間がないSIMなので、自宅や近郊で試しに使用してみてから乗り換えを検討してもいいと思う。 スマートコミコミプラン契約者でスマホとSIMを同時購入した方は、設定済みのSIMがあらかじめ端末に挿入されているため、すぐに使えて手間いらずなところが評価されていた。 簡単で手頃な料金で使えるところが、ライトユーザーにおすすめできる、と多くの方にレビューされている所以でもある。

FREETELの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

FREETELの通信プランを他の格安SIMと比較してみると、どのプランもまんべんなく安くなっている。 ただ、音声通話つきの1GBのライトプランは、格安SIM最安水準をうたっているDTI SIMやDMMモバイルを超えた最安値で提供している。

使った分だけ安心プランの100MBの料金は公式HPでも大きく喧伝されている通り驚きの安さ。 ライトユーザーが使うには手頃で使いやすいSIMだ。 ただ、シェアプランが設けられていないので、家族まとめて通信料を安くしたい場合や複数の端末でSIMを差し替えて使うのが面倒な方はDMMモバイルのほうがよい。

従量制プランでみるならばFREETELの使った分だけ安心プランは使いやすいのですが、価格面でみると月1GB以上高速データ通信を使うならばエキサイトモバイルのほうがデータ量の刻みが細かく、最適な料金で通信が利用しやすく、割安でもある。 ほかに、FREETELの高速データ通信は定評があるが、低速の節約モードになると評価がかんばしくない。 低速通信で使えるRadikoなどのストリーミングサービスを利用したい場合はDMMモバイルが適している。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

Priori 3S LTE FREETEL 17,800

SAMURAI KIWAMI FREETEL 39,800

SAMURAI MIYABI FREETEL 19,800

Priori3 LTE FREETEL 12,800

KATANA01 FREETEL 12,800

KATANA02 FREETEL 19,800

MUSASHI FREETEL 24,800

FREETELの口コミ

コスパ最高のフリーテルは使ってみる価値あり

  • ぴーのすけさん
  • 30代/女性
利用プラン 使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)データ専用+SMS
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Xperia AX SO-01E (SONY)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
FREETELを選んだ理由
ドコモから格安スマホにしようと検討していたときに,偶然,フリーテルの「ぶっちぎり6か月1G無料」というキャンペーンを見つけたためです。このキャンペーンを活用すると,6か月は毎月の支払が150円くらいになるため,一度使ってみて,悪かったら解約したらいいかという気持ちでフリーテルを選びました。
FREETELを使ってみての感想
通信速度については,もともとドコモを使っていた時からネットやラインなどを少しする程度だったのでそんなに変化は感じません。毎月1G程度しか使わないライトユーザーであれば,問題なく使用できる通信速度だと思います。また,使った分に応じて基本使用料が変更されるため,使いすぎると料金が高くなっていくという不安はありますが,普通に使ってしたら,毎月1G以下の通信量のため,毎月500円程度しか支払っていないため,他の格安SIMよりもさらにコスパがよいと思いますので,満足しています。

安くて高性能!!

  • たかみさん
  • 20代/女性
利用プラン 使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 SAMURAI KIWAMI (FREETEL)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
FREETELを選んだ理由
今年の2月頃にキャンペーンを実施していたのがきっかけでした。
SIM契約と同時に機種も購入した場合の通信料金無料をうたったものだったと思います。
国内の事業者の中では本体の開発や通信料金を頑張っていて、
消費者目線の会社なんだと感じ契約を決めました。
FREETELを使ってみての感想
通信速度に関してはまったく問題ないです。
エリアも広いので圏外になったことは今のところありません。

iOSに飽きてきていたのでせっかくならAndroid機種を使ってみようと思い色々と調べてたところ、価格と機種性能がぐんを抜いて良かったSAMURAI KIWAMIを購入いたしました。
数年前に触ったスマホとは全然違って本当にサクサク動いて快適の一言。
変な処理落ちもなく写真もiPhone6より綺麗です。

気なる事は連続して使用した時の本体が発熱するくらいでしょうか。
どんな機種でも起こるので気にしていませんが。

有名キャリアしか使った事のない方に一度使ってみてほしいです。きっとブランドスマホにお金をかけるのがバカらしくなると思います。

段階的な課金制なので、外出の多い月でも少ない月でも安心。

  • だーやまままさん
  • 20代/男性
利用プラン fretted sim データ用
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 asus Memo pad7(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
au
FREETELを選んだ理由
freetelを選んだ最も大きな理由は家電量販店で購入可能だったためです。他の格安simはインターネット経由で本人登録して、認証されてかrsimカードが郵送されるため、少なくとも3、4日かかります。それに対して、freetelは欲しいと思った時にすぐ使えたため選びました。
FREETELを使ってみての感想
通信速度は快適に使えているため満足しています。最も使い勝手が良い点は、このsimが従量課金制なことです。つまり、使わない月は安く、よく使う月は高くなります。私は、会社と家では完全にwifiで接続しているため、モバイル通信を行うのは、外出時のみです。そして、よく出かける月と、全く家から出ない月があるため、この従量課金制はとても助かります。確かに全く使わなくても三百円ぐらい取られるのですが、普通に使っていれば、最低の通信容量は超えてしまうため、使った分だけ支払うこのシステムに大変満足しています。

FREETEL使った分だけ安心プラン

  • dora123さん
  • 10代/男性
利用プラン 使った分だけ安心プラン(ドコモ回線)
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Xperia Z1 f SO-02F (SONY)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
softbank
FREETELを選んだ理由
これまで、ガラケーを使ってきて、そろそろスマートフォンにしたいと思い、softbankで機種変更をしようと思いましたが、月々の料金が7000円ほどかかることが分かりました。そこで、格安SIMについて調べていたところ、FREETELのこのプランは毎月の使用量に応じて料金が変わり、私の外出先で使う使用量に波があるのではないか思ったので、このような私に適していると思い、機種は中古で購入したものをしようすることにし、この格安SIM業者を選びました。
FREETELを使ってみての感想
通信速度はあまり遅くは感じません。しかし、通信量の確認や高速通信を使わない設定にするときにはwebブラウザを開き、freetelのマイページを開く必要があるためその面に関しては少し不便に感じました。料金は、使用量が1GBを超えたときには他社の格安SIMに比べて、少しだけ割高になってしまいますが、使用量が1GBいかなかった月には、他社の格安SIMより安いので月の使用量が少ない人には特に良いのではないかと思いました。

通信料節約に大助かり

  • あっきーさん
  • 40代/男性
利用プラン 使った分だけ安心プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 SAMURAI MIYABI (FREETEL)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
FREETELを選んだ理由
キャンペーン中で端末と通信プランを申し込むと1年間に500円割引をしてくれるので1G以内ならば実質無料なのはすごいお得です。
初期費用はかかりますが1年間使えば十分元は取れると思いましたので選びました。
FREETELを使ってみての感想
スマホは日本製ではなく中国製です、性能は一昔前のもので高性能ではありませんが十分使えるものです。
また通信速度は十分使えるものです、ドコモ回線を使っているために音質は問題無いですね、それに端末と打つ心をセットでキャンペーンをしていましたので1G以内ならば無料になりますし使った分だけなので3Gも使った場合でも500円で済みますのでお安いです。
またこの端末は着信ランプがないために連絡があった場合などは画面を開かないとわからないのが難点ですね。