@モバイルくん。(モバイルクン)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

@モバイルくん。

3Gでデータ通信使い放題!口座振替にも対応の@モバイルくん。
@モバイルくん。
  • スマホセット販売
  • 店舗窓口あり

@モバイルくん。を運営するのは2016年11月新装なったSORAシム株式会社。


もともとNTTの販売代理店として業績を伸ばし、モバイル通信キャリアとして進出した新進気鋭の会社である。


誰にでも使いやすい通信サービスを志向しており格安SIMのブランドも親しみやすいネーミングとなっている。


3Gながら使い放題のプランやLTEで従量制のプラン、料金支払いも口座振替が可能と、ユニークなシステムを持っている格安SIMだ。


@モバイルくん。の基本情報

データ専用プラン 最低月額料 934円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,200円~
最低利用期間 なし
違約金 8,000円
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 130円/月
データ容量の繰越 不可
通話料金 20円/30秒
最大通信速度
制限時の通信速度
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「@モバイルくん。」を検討しよう

  • 3Gでも無制限で通信できるなら使ってみたい
  • クレジットカード以外の支払いができる格安SIMを探している
  • データ容量の管理が面倒
  • スマホの設定が苦手
  • データ通信はほとんどしないが、受け専用の回線が欲しい

現在はLTEなどの4G(最大通信速度75M~数百Mbpsの高速通信)が主流だが、@モバイルくん。では、前世代の3G(最大通信速度が数M~14Mbps程度の中速通信)の使い放題プランを提供している。



データ通信専用プランであり、@モバイルくん。から3G規格対応のルータを購入しサービスを利用する。
自己責任となるが、古いdocomo系の3GやFOMA端末を使うこともできるだろう。
通信速度が数MB程度であればWebサイトや中程度の動画、ファイル送信などは問題なくできるだろう。



データSIMに限るが口座振替対応しているのが@モバイルくん。の特長。
カード支払いを回避したい方には有力な選択肢となるだろう。



@モバイルくん。には通話SIM限定でデータ通信を従量制で支払うプランがある。
その月に使用した分だけ支払えばいいので、通信量の管理の手間が省けて便利だ。



また、スマホなどIT機器が苦手な方のために端末おまかせ設定サービスがあるので、自宅に到着してすぐにスマホを使うことも可能。



通話SIMのプランはデータ容量が一番少ないプランの料金が他社に比べても最安級の安さ。
従量制なので通信や架電をしない受け専用の超ライトユーザーにピッタリ。


@モバイルくん。の格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
もっと使ったぶ~んだけプラン 1,200 0 500MB 300Mbps 200kbps
Dプラン 3GB 0 934 3GB 262.5Mbps 200kbps
Dプラン 5GB 0 1,810 5GB 262.5Mbps 200kbps
Dプラン 7GB 0 2,667 7GB 262.5Mbps 200kbps
Dプラン 10GB 0 3,619 10GB 262.5Mbps 200kbps
Dプラン 12GB 0 4,743 12GB 262.5Mbps 200kbps
3G使い放題 0 4,000 3GB 14Mbps -
  • 価格はすべて税抜で表示

@モバイルくん。のプランは通話SIMとデータSIMでプランのタイプが違ってくる。



通話SIMの場合は高速データ通信ができ、決まった契約容量がなく従量制で料金が決定する『もっと使ったぶ~んだけプラン』。
データSIMの場合は高速データ通信ができる『Dプラン』と3G回線を使ったデータ通信ができるプランがあり、従量制でなく契約容量が決まっているものと使い放題の2つのタイプがある。



通話SIMのもっと使ったぶ~んだけプランは、通信量が最小500MBまでから、使用した高速データ量に応じて500MBごとにオートチャージされていくもの。
追加容量が増えるに従い、チャージ料も3段階で漸減していく。
それでもチャージ料は割高なので、通話SIMを500MBの最低料金でコストパフォーマンスを狙いたいライトユーザー向けといえる。



データSIMのDプランは高速通信容量が3/5/7/10/12GB、3G回線を使うプランは通信容量が1日500MBの『3G』のほか、『3G使い放題』というプランがある。



3Gのプランは@モバイルくん。で販売しているルーターを購入するか、自己責任で手持ちの古い端末を活用してサービスを利用することになる。
3Gは中速ではあるものの、光回線が必須のゲームや高画質の動画視聴などでなければ十分使用に耐えるものと思われる。


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
留守番電話 300円 電波の届かない場所や、電源を切っている場合に伝言メッセージを預かるサービス。
割り込み電話 200円 通話中に別の電話がかかってきた時、通話中の電話を保留にして新たにかかってきた電話を受けることができる。
端末おまかせ設定サービス 無料 説明記載無し。
  • 価格はすべて税抜で表示

@モバイルくん。にはオプションサービスはあまりない。
通話SIM利用者向けに有料の留守番電話や割り込み電話サービスがある。



そのほかのオプションとして端末おまかせ設定サービスがある。
これは、@モバイルくん。で購入した端末へあらかじめSIMを差し込み、通信が可能な状態に設定して自宅等に送付してくれるサービス。
すぐにスマホ等を使いたい人には設定の手間がかからず便利なサービスだ。ただし、GoogleやSNSのアカウントは自分で設定する必要がある。


@モバイルくん。のおすすめポイントはコレ!

通話SIMのオートチャージ機能

通話SIMでは初期容量500MBを使い切ると自動的に容量が追加になり、高速通信がずっと使える。 ただしチャージ量は割高であり、LINEのチャットやメールなどテキストメインの通信をする人向けとなるだろう。 無制限にチャージされるのではなく、自分で上限量の設定ができるので使いすぎることもない。

追加上限の初期設定は1GB(容量が1.5GBまでになる)。 上限の設定変更はお客様専用ページで行うが、設定変更は翌月からの適用となる。 データ容量の残量が200MBになると、追加オートチャージ利用確認のSMSが届くので、あらかじめ心づもりもできる。 なお、契約容量を消費すると200kbpsの速度制限(3Gプランは最大300kbpsの制限)となる。

@モバイルくん。のココに注意しよう!

契約関係での注意点

受け取りの有無にかかわらずSIMカードが発送されてから5日後から料金が発生する。 発送は申込後支払い方法が確定してから7~10日程度かかるせいか、初月の料金は無料となっている。

MNP希望者は9~17時の間に電話での手続きが必要。 @モバイルくん。では最低利用期間が12ヶ月となっており、期間内の解約は解約手数料がかかり、解約後はSIMカードの返却が義務付けられている。期間までに返却しない場合は損害金が請求されるので注意。

大手が展開する格安SIMではない

@モバイルくん。を運営するSORAシム株式会社は通信サービスの販売会社からMVNOを始めた企業なので、実績のある会社ではあるが、大手のバックボーンを持たない。 格安SIMは淘汰が進み、サービスの継続性や信頼性に疑問が呈されるものもある。3年以上格安SIMサービスを提供している同社ではあるが、少し気に留めておいた方がいいと思われる。

@モバイルくん。の速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

@モバイルくん。の速度などの評価・評判

@モバイルくん。は、かつて『使ったぶ~んだけプラン』という、通話SIMで月額800円という超激安SIMを販売していたこともあり、知る人ぞ知るSIMだったが、大手に比べ加入者がはるかに少なく、実際の契約者による通信事情を伺うレビューが見あたらなかった。

サポート関連のレビューと個人的に問い合わせした印象を紹介したいと思う。 マイナーなSIMで激安を売りにしていた当時は、問合せメールの返答は数日かかったり、国際SMS不通の原因が確定できないなど、サポート体制は弱めだったようだ。 現在(2017年1月)はHP記載のフリーダイヤルは光とモバイルの共用らしく、モバイル担当が忙しいため光回線の担当が受け、親切丁寧だが担当に取次できず折り返し案内を受ける。 結果的に光回線担当者に概略を調べてもらい案内を受けたが、モバイルは光に比べあまり収益につながらないのか手薄な印象。 また、HPの問合せフォームは契約者でないのに個人情報をすべて明かさないと疑問点が解消できず、気軽に問合せしにくい。

ほかにも@モバイルくん。はかつて実店舗があったようだが廃止された様子。現状はある程度ITリテラシーがあって、3G使い放題でコスパを求めたい人、サブSIMや受け専用回線として格安SIMを使いたい人向けのSIMではないだろうか。

@モバイルくん。の特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

@モバイルくん。は通信状況がつかめないので、主に他社の類似サービスとの料金面での比較となる。

電話SIMのデータ通信従量制プランは、同様のサービスを展開するエキサイトモバイルに比べると割高感がかなりある。 ただし、最小の容量500MBなら料金が最安となる。

また、@モバイルくん。はOCN系の設備、エキサイトモバイルは定評ある通信会社IIJの設備なので、価格面と通信サービスを総合的に見るとエキサイトモバイルに軍配が上がりそう。

いずれにせよ、サポート面は両者とも薄いので自己解決できるだけの知識や周囲のサポートは欲しい。

ほかに、3Gの使い放題プランを同様の中速で使い放題のWiMAXと比較してみる。 月額の料金面では@モバイルくん。が安いが、端末代を込みで考えるとどちらがいいとは言えない。 @モバイルくん。のデータSIMは契約期間がないが、WiMAXには2年縛りがある。

また、WiMAXはどんなに使っても安定的に数Mbpsの速度を出すのでサービス面は安心。 しかし今後WiMAXは使用状況により夜間帯の1Mbpsの速度制限が予定され、@モバイルくん。の実効速度次第では有利となろう。 ただし、乗り換えが続出すれば、結果的に@モバイルくん。のサービスに影響がでることも考えられる。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

@モバイルくん。の口コミ