OCN モバイル ONE(オーシーエヌモバイルワン)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

OCN モバイル ONE

格安SIMユーザー数トップのOCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE
  • スマホセット販売
  • 通話定額あり
  • 即日MNP対応
  • 公共無線LAN

OCN モバイル ONEはNTTコミュニケーションズがサービス提供する格安SIM。



NTTグループらしく多様なプランと各種のオプション、安心サポートなど、多くの人に対応した充実したサービスが揃っている。



OCNは日本有数のプロバイダなので、他のNTTコミュニケーションズのサービスと契約していれば月額料金の割引もある。



ただ、NTT系列なのでマルチキャリア化は当面ないと予想される。au端末を継続利用したいなら他社を選択しよう。


OCN モバイル ONEの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 900円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,600円~
最低利用期間 6ヶ月
違約金 8,000円
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 月内5通目まで無料、6通目以降は3円/通
データ容量の繰越 翌月まで
通話料金 20円/30秒
最大通信速度 262.5Mbps
制限時の通信速度 200kbps
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「OCN モバイル ONE」を検討しよう

  • クレジットカード支払いが好みでない
  • Androidスマホでも大容量のクラウドストレージサービスが欲しい
  • 月の通信容量の管理が苦手
  • データ容量を節約したい
  • 通信制限がかかると実質通信できないのは困る
  • 通話をたくさんしたい

各格安SIM会社ではクレジットカード支払いが原則となっていてOCN モバイル ONEも同様の立場をとっているが、どうしてもカード支払いを回避したい人は郵送での口座振替の手続きを行うことも可能だ。



iPhoneだとAppleが容量の多いクラウドストレージサービスを提供しているが、Android OSを提供しているGoogleが提供しているストレージサービスは容量が15GBのGoogleドライブとなる。
これは画像や動画を保存するには容量に不安がを感じるが、OCN モバイル ONEのマイポケットでは保存容量が128GBや512GBと大容量のデータ保存が可能だ。
しかもOCN モバイル ONEのSIMにはカウントフリー機能があり、マイポケットとのデータのやり取りを高速通信容量の対象外としている。
データの出し入れには基本データ通信容量を消費しないので安心なサービスだ。



OCN モバイル ONEでは、高速通信容量が月ぎめでなく日ごとに決まっている契約プランがある。
月ぎめだと容量の管理がうまくできずについ容量を使いすぎ、月半ばで低速通信しかできないという事態を避けられる。



データ容量の節約はできるだけしたいところだが、OCN モバイル ONEでは、低速通信環境でも始めの一定量(150KB)は高速読み込みを行うバースト転送機能があったり、全国各地にあるWi-Fiスポットが無料で使える。
OCN モバイル ONEのWi-Fiスポットは特に西日本各地で充実。他地域でもセブンイレブンやローソンがたくさんあるところなら気軽に使えて便利だ。



大手キャリアや他の格安SIMでも3日間に一定の高速通信を行うと通信制限がかかることがある。
しかしOCN モバイル ONEでは契約した高速データ通信容量の範囲内なら低速通信を強いられることはない。
しかも低速通信(200kbps)は容量が完全無制限で使用できる。
低速通信で制限がかかり数日間通信が実質的に遮断されるということは起こらないので安心だ。



OCN モバイル ONEではプロバイダ大手らしくIP電話の050 plusがあるので通話が格安になる。
インターネット回線を使用する電話だが、高速データ容量を消費しないカウントフリー機能があり、高速通信回線を使うことで通話品質の充実をはかっている。



また、月額定額のかけ放題プランも提供しているため、090などの携帯番号を使った5分以内の国内通話はいくらでも無料となるのでお得だ。


OCN モバイル ONEの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
110MB/日コース 1,600 900 110MB/日 262.5Mbps 200kbps
170MB/日コース 2,080 1,380 170MB/日 262.5Mbps 200kbps
3GB/月コース 1,800 1,100 3GB 262.5Mbps 200kbps
5GB/月コース 2,150 1,450 5GB 262.5Mbps 200kbps
10GB/月コース 3,000 2,300 10GB 262.5Mbps 200kbps
500kbpsコース 2,500 1,800 500kbpsコース 500kbps 500kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

OCN モバイル ONEの料金プランは高速データ通信を使用するプランと、低速(500kbps)でも比較的大容量の通信が行えるプランに大別される。
そこからさらに基本データ通信容量が日ごとに選べるOCN モバイル ONE独特のプランと、キャリアや各格安SIM標準の月ごとのプランに分かれる。それぞれデータ通信専用SIMと音声対応SIMがある。



高速データ容量があるプランは日コースは1日110MBと170MB、月コースはひと月3/5/10GBの契約容量となる。
低速(500kbps)のプランの契約容量は15GB。



利用開始月は月額基本料が無料となるので、他社から乗り換えをする際の負担を軽減することができる。
さらにOCN光サービス利用者なら割引がある。割引はOCN モバイル ONEの5契約分まで適用となる。



ほかに、データ専用SIMプランと音声対応SIMプラン間でのプラン変更はできないが、高速通信と低速通信のプラン変更や基本データ通信容量の変更は月1回行える。
また、変更は翌月1日の1時に適用される。旅行などで月のデータ使用容量が増減することになってもフレキシブルにプラン変更ができる。



OCN モバイル ONEのユニークなプランの選択ポイントとして、日コースが適しているのは1日の通信パターンが決まっていて、自宅のWi-Fi環境が使える人となる。
ニュースやメール、LINE等のチェックがメインの使い方なら通信量は必要十分となり、日々の容量管理までできる。



15GBプランはWebサイト閲覧をよくする人向けだ。
学生や社会人でもレポートや報告書作成などで、ホームページやブログなどを500Kbpsの速度+バースト転送機能(最初の短時間だけ高速通信)で良好に閲覧することができる。
Youtube動画など、動画をよく見る人にもおすすめとなる。普通の画質(360p)なら止まらずに視聴できるレベルなので、画質にこだわらず、1日に1~2時間程度動画を楽しむ人におすすめのプランだ。

オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
OCNでんわ 無料 国内通話料金が半額。
OCNでんわ 5分かけ放題オプション 850円 5分以内(1通話あたり)の日本国内通話を回数無制限で無料。
050 plus 300円 インターネットを経由して音声データをやりとりすることで、低額な通話料を実現した電話アプリ。
OCNマイポケット 300円 スマートフォンに保存しているアドレス帳や写真・動画データをインターネット上の安全スペースでお預かり。
マイセキュア 250円 ウィルスや不正アプリからSIMフリー端末を守るセキュリティ対策。
  • 価格はすべて税抜で表示

かけ放題プランは各社で提供されているが、OCN モバイル ONEでも開始となった。
OCNでんわアプリで発信すると国内の通話料が半額になり、加えて月額の定額料を支払いOCNでんわ5分かけ放題オプションを契約すると、国内通話が回数無制限で5分まで通話料が無料となる。
通話をよくする方にはニーズの高い、留守番電話サービスとキャッチホンのオプションもある。



データ専用SIMでも電話番号が持て通話ができるIP電話アプリを提供している。
050 plusはインターネット回線を使うので通話料が携帯電話に比べ格安だ。
なお、このアプリは音声対応SIMなら無料となる。
ネット回線を使った通話となるが、OCN モバイル ONEのカウントフリー機能により、契約データ容量を消費せずに高速回線が使用でき、他社のIP電話のように低速通信のため通話がしにくい、ということも回避できる。



契約容量を使い切っても容量追加オプションが申し込める。
日次プランならこのオプションで申し込み当日いっぱい高速データ通信が使い放題になる。
月次プランなら0.5GBの容量を追加となり、追加容量分は通常の契約容量のように1か月繰り越しでなく、3か月間の容量を繰り越しできる。



SMSオプションの基本料金は他社より若干安い。格安で携帯電話の基本機能を使いたいなら050 plusと合わせて使うと通信費の節約になる。



家族で通信費を削減したい家庭向けに1契約を複数のSIMで契約のデータ容量を分け合える、容量シェアプランがある。
追加SIM枚数は1契約に4枚までなので、合計すると5枚までシェアできる。追加されたSIMごとに月額基本料が必要。



スマホの保存容量が少なかったり、思い出の写真や動画を保存したいという方にはOCNマイポケットというインターネット上のストレージサービスが利用できる。契約できる容量は128GBと512GB。写真などの大容量データをマイポケットに保存するときやスマホに戻すときも、OCN モバイル ONEのカウントフリー機能により通信容量を使用せず通信料が無料となるので利用しやすい。



スマホのセキュリティ対策にはマイセキュアがある。
高速・軽量のクラウド型検知型のソフトなのでスマホの負担が軽く電池も長持ち。ウィルス対策や悪質サイトへのアクセスブロック、紛失・盗難対策もできる。



キャリアからの乗り換えだと端末の保証サービスも契約解除となってしまうが、OCN モバイル ONEのあんしん補償は、自然故障、破損、水濡れのトラブルの際の修理と交換費用を1年に2回まで補償する。申し込みはSIM申込と同時でなくてもよく、いつでも可能。補償上限金額は5万円までとなっている。



データ専用のモバイル端末レンタル制度もある。スマホ以外のPCやゲーム機などの複数端末に接続しやすいポケットWi-FiルータとPCに接続できるUSB端末タイプがある。(最低利用期間は24ヶ月)

OCN モバイル ONEのおすすめポイントはコレ!

契約した基本データ通信容量は無駄なく使える

基本容量繰り越しサービスは、使いきれなかった契約容量を日次プランは翌日まで、月次プランは翌月まで、容量の繰り越しができる。 なお、プラン変更で容量を変更しても前月の残量は繰り越しされるが、15GBプラン(500kbps)に変更すると繰り越した容量の通信速度が500kbpsになる。

データ通信時に便利なターボ機能とバースト機能

OCN モバイル ONEアプリでは高速通信のONとOFFの切り替えが自由にできるターボ機能が使える。 アプリでターボOFFにすると200kbpsの低速通信に切り替わり、基本データ通信容量は消費されない。 動画閲覧や音楽/アプリのダウンロード時にはターボON、LINEやテキスト中心のWebページ閲覧時にはターボOFFと状況の応じてフレキシブルに使える。 OCN モバイル ONEではターボOFF状態でもはじめの一定量をフラッシュで高速通信するバースト機能がある。普通のWebページなら高速通信をしなくてもページ閲覧が十分できる。 上記の2つの機能により契約容量の使用を節約することが可能。

音声携帯回線の格安SIMでほぼ唯一、口座振替に対応

OCN モバイル ONEではクレジットカード決済が標準の格安SIM業界では珍しく、口座振替に対応している。しかも口座振替手数料がかからない。 しかし、OCN モバイル ONEでもクレジットカード支払いを原則としており、口座振替支払いを申し込むには電話で希望の旨を伝え、郵送で手続きをすることになる。郵送でのやり取りに時間がかかるため、ネット経由に比べ開通までにかなり時間がかかることに留意しよう。

OCN モバイル ONEのココに注意しよう!

他社より短いものの、最低利用期間が存在する

OCN モバイル ONEの音声通話SIMには最低利用期間が6か月ある。 格安SIMシェアトップだけあって他社の最低利用期間の1年間より短く設定されているが、期間内の解約で違約金が発生する。 また、パソコンやタブレット使用者に便利と思われるモバイルWi-Fiの端末レンタルサービスは24か月の2年縛りがある。サービスの内容の変化が激しい格安SIMとしては少し使い勝手が悪く感じられるかもしれない。

050 plusの料金が含まれる月額料金

OCN モバイル ONEの音声通話SIMの月額料金は他の格安SIMと比べ割高だ。それはOCNのIP電話サービス、050 plusの料金分が上乗せされているためと思われる。 他社よりコストパフォーマンスを求めるなら、以下のデメリット分と月額料金の格安さが引き換えになるが、データ専用SIMを利用したほうがベターだ。 050 plusは新規に050から始まる番号取得が必要になり、ネット回線を利用しているため通話品質は電話回線に及ばない(ただしカウントフリー機能により高速通信が保証されているのは他社にない利点)、かけられない電話番号(フリーダイヤルや110や117など3桁の番号)があるところだ。

ユニークな日コースの使い勝手

OCN モバイル ONEの日コースは月換算すると月コースの容量よりお得になるコースだが、自宅等にWi-Fi環境がないと使い勝手が悪い。 というのは、スマホ利用で音楽のダウンロードやアプリのアップデートをしたくても、1日の計約容量を超過することが多々あるためだ。 1日の容量を繰り越しして計画的にダウンロードしようとしても追いつかないデータ量であることが多い。日コースはコストパフォーマンスはよいが、ネット環境次第では月コースの選択が推奨される。

OCN モバイル ONEの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

OCN モバイル ONEの速度などの評価・評判

OCN モバイル ONEは別キャリアとの2台持ちユーザーに好評。 通信料を安く抑えるためにガラケーの安いプランをそのままにOCN モバイル ONEの通信専用SIMを契約している人も多い。ライトユーザーのなかにはデータ容量が少ないプランを求める声があるが、おおむね満足感があるようだ。

格安SIMにありがちなのだが、時期によって通信速度の濃淡があり、このところは他の格安SIMより少し遅めのようだ。 自宅にWi-Fi環境を持ち、格安SIMはメールなどの軽いデータ通信のみ行うなど、料金が安い分割り切りできる方ならよいかもしれない。

通信容量が節約できるバースト機能(フラッシュで高速通信実施)は通信速度が遅い時間帯では恩恵は感じられない様子。 周りに人が多くいたり、混雑する時間帯(平日の昼・夜間、日曜の全日)はWi-Fi利用がベター。

通話については050 plusの通話アプリは通話料が格安になるので、ちょっとした電話連絡には050 plus、重要な電話には090の番号を使うというふうに使い分けて利用される方が多いようだ。

また、アプリの使い勝手には難があって、着信履歴からかけられずLINE電話を選択する方もいた。ただし、相手が050 plusを使用しているなら通話料は完全無料なので検討する余地はある。

最近提供されるようになったシェアSIMの料金もOCN モバイル ONEは他社にくらべ割高となっており、総合的なコストパフォーマンスを求めるなら他社が良いとの指摘があった。

以上を総合評価すると、NTTグループの安定感、IP電話の利点を評価し利用されている方が多いと思われる。

OCN モバイル ONEの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

格安SIMでトップシェア(法人分を含む)を誇るOCN モバイル ONE。 同じNTTグループのdocomoより通信サービスレベルは下がるものの、通信する時間帯を選べば中画質の動画も視聴でき、LINEやメールチェックメインのライトユーザーには使い勝手がよい。

データ通信の月ごとのプランはどのキャリアでも標準のプランとなっているが、日別の容量契約ができるのはOCN モバイル ONEの独自なところだろう。 結果的に日々使う容量を管理でき、高速通信が使えない日をなくすことができる、というのは毎日通信を必要とするユーザーには大きな利点か。

しかしながらOCN モバイル ONEを評価するライトユーザーにはプラン設定されている容量が大きめなのが泣きどころ。 光など他のOCNのサービスと契約中でなければ他社の1GBプランが割安に感じられるかもしれない。

ヘビーユーザー向けにはOCN モバイル ONEの500kbps(15GB)のプランがあるが、他社でこれと似たプランを持つのはUQ mobileで、500kbpsの無制限プランがある。 UQ mobileは3日で3GBの速度制限があるので、実質月30GBまでの容量となる。 容量あたりのコストパフォーマンスではUQ mobileがOCN モバイル ONEの約半額程度だが、標準画質(360p)の動画はこの速度で1GBあたり数時間の視聴が可能なため、1日に2時間以上コンスタントに動画を視聴するのでなければOCN モバイル ONEで十分と思われる。 ただ、UQ mobileは自宅にWi-Fiがなくても音楽やファイルのダウンロード、動画視聴が気ままにできるくらいの大容量なので、自宅の環境次第では有効な選択肢となる。

OCN モバイル ONEは、OCN独自のサービス、IP電話の050 plusを活用できるかどうかでお得度が決まる。 しかし、最近のトレンドに乗ってかOCN モバイル ONEでも5分のかけ放題プランを提供し始めた。

楽天モバイルやFREETEL、DTI、IIJmioでもOCN モバイル ONEと同水準の月額料金で同じサービスが提供されている。 OCN モバイル ONEの通話対応SIMは050 plus込みの料金設定なので、かけ放題を申し込んでも050 plusを使わない分、月額料金が割高になる。 ただし、通話する相手の大半がOCN モバイル ONEユーザーであれば、さらなるサービス拡充となりお得度がさらに増す。

最後に、OCN モバイル ONEの他社にない特徴として料金の口座振替制度がある。 他に口座振替制度を取っているのは同じNTTグループのぷららモバイルLTEと独立系のもしもシークス、ビジネス専用のインターリンクLTE SIMがある。各社ともクレジットカード支払いが原則となっており、口座振替支払いするにはぷららモバイルLTEは電話申し込みが必要であったり、もしもシークスは保証金が必要となるなど、ある程度のハードルが設けられている。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

AS01M arp 11,800

ZenFone Go ASUS 19,800

ZenFone 2 Laser ASUS 20,800

ZenFone Max ASUS 27,800

HUAWEI P9 lite Huawei 27,800

arrows M03 富士通 32,800

Moto G4 Plus Motorola 35,800

Aterm MR04LN NEC 20,000

OCN モバイル ONEの口コミ

高かったスマホ代が3分の1の価格になりました!

  • レモンケーキさん
  • 30代/女性
利用プラン OCNモバイルONE 5GBコース
速度満足度 (とても快適で満足している)
利用端末 Xperia A SO-04ESONY)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
OCN モバイル ONEを選んだ理由
家族で3台持っていたのですが、毎月の支払い額がかなり高額だったので、家計を圧迫していました。主人の提案で思いきって格安SIMに切り替えることになり、口コミで好評だったOCNモバイルに変えることにしたのがきっかけです。
OCN モバイル ONEを使ってみての感想
OCNを使う前は、ちゃんと今まで通りにスマホが使えるかどうか不安でしたが、SIMカードが届くのも早くて、通信速度は今まで通りでイライラすることなく使えます。今までの機種を変更することもなく、サクサク使えるので、本当に変えて良かったです。一番良かった事は、何よりスマホ代が今までの3分の1になった事です。家計にも優しく、特に問題点や不満もないので、早く変えておけば良かったと思っています。スマホ代が高いと悩んでいる方には是非勧めたい業者です。

通信速度が安定していて料金も安くなりました

  • たかしさん
  • 20代/男性
利用プラン 10GB/月コース
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 iPhone 5SApple)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
OCN モバイル ONEを選んだ理由
OCNモバイルONEを選んだ理由はネットでの評判で通信速度が安定しているという口コミが多かったことと月々のデータ通信量ごとに契約プランが細かく分けられていたからです。
月額料金もキャリア利用時に比べるとかなり安くなるのも選んだ理由の1つです。
OCN モバイル ONEを使ってみての感想
通信速度に関してはネットを閲覧する分には問題なく使用できる速度が出ています。ただ、夜になると速度が定価することが多いのでたまに通信速度が遅いと感じることもあります。
料金プランについては月々どれくらい使用するかによって細かくプランが分けられているのが便利だと感じます。私の場合は動画の閲覧をすることが多いので10GB/月コースで契約しています。
音声通話はあまり利用しませんが、問題なく通話できるレベルなので満足しています。

毎日のデータ量が決まっているので安心

  • vanさん
  • 30代/男性
利用プラン OCNモバイルONE データ専用110MBコース
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 HTC J butterfly HTV31HTC)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
OCN モバイル ONEを選んだ理由
OCNのSIMカードサービスはMVNOが始まって比較的早期からのサービスなので、安心感と安定感があります。
この毎日の高速データ通信量が決まっているプランだと、高速データを使用するペースを意識しなくて済むので、使い過ぎる心配がないのがとても気に入っています。
OCN モバイル ONEを使ってみての感想
NTT系列の会社なので、信頼がおけますし、サポート体制も他の格安SIM業者よりもしっかりしている印象があります。
年を追うごとにサービスも拡張していて、いろいろなプランからその時にあったものを選べるようになったのも魅力です。
最安の会社ではないとしても、その分の安定感を得られるので、とにかく安いということが一番重要というわけではないということを感じます。
通信速度は繋がると速いという感じがあります。
一時は繋がりが悪い感じもありましたが、今は解消されている感じがします。

安いだけ…

  • nikukyu03さん
  • 30代/男性
利用プラン OCN モバイル ONE [音声]microSIMカード
速度満足度 (やや気に入らない点がある)
利用端末 Mate SHuawei)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
softbank
OCN モバイル ONEを選んだ理由
以前からヨドバシカメラで見かけたので気になっていました。また、一時期マツコデラックスが頻繁にCMやっていたのでいいのかも!と思いました。あとは銀行口座引き落としができる数少ない業者だったので、助かっています。
OCN モバイル ONEを使ってみての感想
まず、通信速度についてはパケット通信はかなり遅いです。ドコモのLTE回線を借用しているようですが、特に電車内での移動時などは、3G並みです。スマホの電波表示も頻繁にアンテナ2本とかになるので安定しません。これらは大きなデメリットですね。またメリットとしては料金がかなり安いです。最大5G使えるプランに契約しましたが、月あたり4000円超えることはありません。ソフトバンク使っていた時代は月8000円だったのでそこだけはお勧めです!

OCN モバイル ONE 110MB/日コース 使ってみて

  • ピッピさん
  • 40代/男性
利用プラン 110MB/日コース
速度満足度 (可もなく不可もなく程度)
利用端末 iPhone 5cApple)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
OCN モバイル ONEを選んだ理由
最初に価格から選びました。
用途が限られているので(外出時のメールやサイトのチェック等)安価で足りると思い、当契約を選択しました。
他の格安SIM業者ですと、最低金額が少々高めになりデータ通信量が限度を超えると月末には遅くなるという不安、当契約ですと
1日でリセットされる事から、選びました。
OCN モバイル ONEを使ってみての感想
元々、ドコモのガラケーを使っていたので2台持ちという前提になります。
通信速度については、普段は問題ないですが、夕方あたりから表示されるサイトが遅くなったり、3G回線になったり、この辺りはMVNOでは仕方がない事かと諦めています。
サポートについては、なかなか電話が繋がりません(苦笑)
繋がったら、親切丁寧に教えてくれます。
使い勝手としては、まず動画を視聴する事はないので通信容量がオーバーする事は殆どありません。
(家や外泊先ではwi-fi必須になります)
これからMVNOが増えてくる事に対して各通信事業者が体制を整えて頂ければ、乗り換える人も増えてくるではないかと思います。
それに対する3大通信事業者が、顧客流出に対し、どこまで妥協(我慢)できるか?
見逃せない状況だと思います。