ぷららモバイルLTE(プララモバイル)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

ぷららモバイルLTE

完全無制限プランならぷららモバイルLTEで決まり!
ぷららモバイルLTE
  • 容量無制限プラン

ぷららモバイルLTEはNTTコミュニケーションの子会社のNTTぷららが提供する格安SIMのMVNO。



NTTぷららはインターネットプロバイダやひかりTVのサービスで、知ってる人は知っている会社だろう。
NTTの安定したバックボーンがあるので安心して使える。



ぷららモバイルLTEは定額無制限プランや超低コストで運用できる二段階定額プラン、NTT系の格安SIMに特徴的な、契約データ容量が日ごと(月単位も有り)に定められたプランがある。


ぷららモバイルLTEの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 900円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,600円~
最低利用期間 6ヶ月
違約金 8,000円
主なオプション 留守番電話 取扱無し
SMS利用 150円/月
データ容量の繰越 不可
通話料金 20円/30秒
最大通信速度 150Mbps
制限時の通信速度 200kbps
対応SIM マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「ぷららモバイルLTE」を検討しよう

  • 月単位で使用したデータ量の管理をするのは面倒
  • スマホのセキュリティ対策の仕方がわからない
  • 平日夜や週末にまとめて動画を見たい
  • ドラマの見逃し視聴やオンデマンドがあるといいと思う
  • ほぼ使わない携帯回線の維持費をとにかく安くしたい

ぷららモバイルLTEにはNTT系の格安SIMでよくある、データ容量が日単位で設定されているプランがある。
その日に使える高速データ通信量が決まっているので、月単位での容量を管理する面倒な手間がかからない。


ぷららモバイルLTEとの契約で自動的にぷららの会員となるが、その会員特典としてセキュリティサービスを標準(無料)で提供している。
自動適用されるので、ITにうとくても安心。
しかも月々の費用がかからなくて済むのは、格安SIMを使う上での大きな利点ともいえる。



動画の視聴に関して、格安SIMによっては一定期間の通信量によっては通信制限がかかって思う存分楽しめない。
ぷららモバイルLTEの定額無制限プランなら、休日に一気に動画を見ても通信制限がかからないので気兼ねなく楽しむことができる。


NTTぷららは格安SIMのほか、ひかりTVも運営している。
ぷららモバイルLTEと契約すると追加料金なくひかりTVエントリープランが利用できる。
放送時間にとらわれず、自由に視聴ができるのはうれしい。ほかに、特殊な用途だが、電話番号維持のためにキャリアと契約するより、ぷららモバイルLTEの二段階定額プランを契約しておけば数百円程度で回線を維持することができる。


ぷららモバイルLTEの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
定額ライト 1,600 900 110MB 150Mbps 200kbps
定額(7GB) 2,586 1,886 7GB 150Mbps 200kbps
定額無制限 3,460 2,760 無制限 3Mbps -
二段階定額 0 362円~2,362 100MB 150Mbps 200kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

ぷららモバイルLTEのプランには、日ごとに契約通信容量の決まった定額ライトプラン、月単位で契約容量が決まっている定額(7GB)プラン、通信量に制限のない定額無制限プランの各プランがある。
これらはそれぞれデータ専用SIMと音声通話つきSIMで契約ができる。



ほかにも、データ専用SIMだけのプランとして二段階定額プランというものもある。
定額ライトの高速データ容量は1日に110MB。1ヶ月換算すると3GB程度となる。通信量をあまり使わないライトユーザーにおすすめだ。



月単位で容量が決まったプランは7GBと容量が多め。
契約容量を日ごとにするか、月単位にするかは自分の通信スタイルに応じてプランを選択しよう。



外出先でも自宅のWi-Fiのように無制限で通信をしたい場合、ぷららモバイルLTEの定額無制限プランがおすすめ。
ただし、通信速度は高速でなく最大3MBbpsの中程度の速さになるが、動画視聴には必要十分だ。



データSIM専用プランの二段階定額は、月のデータ使用量が30.5MBまでなら月額基本料が激安になる。
公式HPでは月ごとに通信使用量のバラつきがある人向けと説明しているが、30.5MBを超えると料金が高くはね上がるので、とりあえず休眠させている回線や電話番号を保持するために契約だけはしておきたい回線を持っている人におすすめとなる。
なお、契約中のSIMで提供されているプランであれば、上記にあげた各プラン間の移動は自由にできる。


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
ぷららフォン for フレッツ 無料 日本全国どこでも3分8.64円(税込)で利用できる。
Xi FOMA対応オプション 300円 「Xi(クロッシィ)データ通信専用プラン」利用で下り最大37.5Mbpsの高速通信。
au Packet WIN PacketOne オプション 300円 「PacketWIN」利用で下り最大3.1Mbpsの高速通信。
AIR-EDGEオプション 300円 モバイル通信「AIR-EDGE」利用で下り最大512kbpsの通信を実現。
ウイルスバスター for plala 420円 ウイルスはもちろん、フィッシング詐欺やスパイウェアなどあらゆる脅威から端末を守る。1契約で、3台までご利用可能。
迷惑メール振り分けサービス 無料 迷惑メールを自動的に振り分ける。
送信メールウイルスチェックサービス 無料 最新ワクチンプログラムがコンピューターウイルスを自動的に検知/駆除。
メールウイルスチェックサービス 200円 お客さまの送受信メールに対してコンピューターウイルスの検知および駆除を自動的に行う。
電子証明書発行サービス 200円 電子署名付きメールや暗号化メールで、メールの改竄や盗み見を検知・防止する。
ネットバリアベーシック(有害サイトブロック) 無料 未成年者にとって有害なホームページ、ワンクリック詐欺のホームページをブロックする。
ホームページウイルスチェックサービス 180円 閲覧したホームページに不正アクセスをするウイルスや個人情報を盗むスパイウェアなどが潜んでいる場合、感染しないようホームページをブロックする。
ニックネームメール 200円 1つのぷららのメールアドレスで、複数のメールアドレスを用途に応じて使い分けることができる。
ぷららWebメール 無料 ブラウザーを利用してメールの送受信、迷惑メールの確認ができる。
複数メールアドレスサービス 200円 家族用・個人用に別のメールアドレスが持てる。
プライベートドメインメール 無料 サブドメイン部を自由に設定し、オリジナリティの高いメールアドレスが作れる。
グループメール 無料~500円 参加者がグループメール用メールアドレスにメールを送信すると、そのグループメール参加者(登録している人)全員に同じ内容のメールが届く。
メールフォワード(メール転送) 無料 ぷららのアドレス宛に届いたメールを別のアドレスに転送できる。
メールフォワードHyper(メール転送) 200円 送信者やサイズ等の条件でメール転送が出来る、高機能メール転送サービス。
るすばんメール 無料 あらかじめ設定した文章を自動返信する。
時間deメール 200円 時間指定でメールを自動送信できる。
プライベートホームページ サービス内容による 手軽に自分のホームページを持つことができる。
プラスオプション 300円 各契約セットに付与されている「フリーチケット」金額を、増額することができるサービス。
  • 価格はすべて税抜で表示

ぷららモバイルLTEでは独自のオプションプランの内容が乏しく、プロバイダ利用者が多い、ぷらら会員のオプションサービスを転用する形をとっている。
NTTぷらら運営のひかりTVの動画サービス、ひかりTVエントリープランをぷららモバイルLTEを契約すると無料で利用できる。
TVと名がついているが、モバイル端末でも利用が可能。



NTTぷららが提供する無料のセキュリティサービス、ネットバリアベーシックはぷららのネットワーク上で自動的にセキュリティ対策をしてくれるので、余計なコストをかけずに安全にネット接続ができる。
ただ、セキュリティ専門会社のしっかりしたセキュリティ対策ソフトを使いたい、という人向けに有料のウイルスバスター for plalaもある。



NTTぷららはインターネットのプロバイダらしく、メールに関するオプションが充実している。
ぷららモバイルLTEと契約するとプロバイダメールアドレスが付与され、ウェブブラウザでも送受信できる。ほかに、メール転送サービスや送信メールのセキュリティチェックサービスもある。


ぷららモバイルLTEのおすすめポイントはコレ!

格安SIMには珍しい口座振替対応

クレジットカード払いが原則の格安SIMのなかで口座振替対応をしているのは珍しい。 ただし、ぷららモバイルLTEでもクレジットカード払いが標準となっており、口座振替にするには電話で申し出て、郵送で書面のやりとりをするという手間がかかる。 NTTぷららはNTT系の老舗プロバイダということから、このような制度をとっていると思われる。なんにせよ、格安SIMを持ちたいがクレジットカード払いを避けたい人には有力な選択肢となるだろう。

ぷららの回線利用者には標準でセキュリティサービスがつく

ぷららのネットワークでは各種のセキュリティ対策を施しているため、ぷららモバイルLTEを契約すると自動的にセキュリティ対策ができる。 ソフトのインストール・設定は原則不要。ただし、通信の自由は保証されているので、設定を変更しぷららが定めるセキュリティフィルタを解除して自己責任で通信を行うこともできる。

ぷららモバイルLTEのココに注意しよう!

最低利用期間やSIMのサイズ変更について

ぷららモバイルLTEでも他の格安SIMサービスと同様に、音声通話付きSIMには期間が6ヶ月と短めだが最低利用期間がある。 また、古いスマホから新しいものを購入してSIMのサイズが変わった場合、ぷららモバイルLTEでは契約を解約しなくてはならない。他の格安SIMのように手数料を支払って変更することじゃできないので注意する必要がある。

既存会員がぷららモバイルLTEを契約しても割引はない

他のプロバイダが運営する格安SIMでは既存会員向けに月額料金を割引く制度があるが、ぷららモバイルLTEではそのような制度が設けられていない。 ただ、契約容量内なら通信制限が全くないので、定額ライトプランは別として、定額プラン(7GB) や無制限プランなら自宅にぷららのネット回線を引かなくても格安SIMでこと足りるともいえる。

ぷららモバイルLTEの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

ぷららモバイルLTEの速度などの評価・評判

ぷららモバイルLTEはプランの選択肢が少なく、定額無制限プランを契約する方が多いようなので、それを中心に評判を見ていきたい。

ここ最近のレビューでは、2016年半ばまでは速度が遅いと評価が良くなかったが、2016年後半には速度改善がされたもよう。 現ユーザーのレビューでは動画は視聴できるものと難しいものがあるらしく、Youtubeの自動画質はOKだが、ニコニコ動画はバッファが厳しいとあった。

サイト閲覧は軽いもの(Yahoo!など)なら実用に耐える使い勝手だという。 3Mbpsの速度でもある程度は使えるので、そこをどう考えるかでこのプランの評価が変わってくるが、実情を参考にしてもらいたい。

そのほか、口座振替の利用者談として、郵送でのやりとりは時間がかかると指摘されている。 年末年始をはさむと開通までに1ヶ月かかるとのことなので、余裕を持って手続きしたい。

また、電話サポートは使いにくく、電話がなかなかつながらないという。公式HPのチャットサービスがあるので、こちらで説明を受けるほうが良さそう。

ぷららモバイルLTEの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

格安SIMで通信が気兼ねなく自由に使えるのは魅力的だが、ぷららモバイルLTE以外にも無制限をうたうプランを持つSIMがある。

主なものとして、UQ mobileやU-mobile、DTI SIMの各SIMがあげられる。 ただしUQ mobileはau系なので、docomo系端末の利用者には敷居が高く、最大通信速度は500kbpsの低速通信となる。

ぷららモバイルLTEを検討している方に現実的な情報としては無制限プランの速度と通信制限の有無になると思う。

他の2社(U-mobile、DTI SIM)は無制限プランでも高速通信ができるが、U-mobile は条件非公表ながら通信制限を実施し、DTI SIMでも他の利用者より通信量が多くなると通信制限が実施される。

ぷららモバイルLTEは通信速度は3Mbpsと中程度の速度ながら通信制限は全くない。 完全無制限を希望するならぷららモバイルLTEの一択となる。ただし、月額料金は2社に比べると高め。

多少の通信制限があっても速度や料金の安さを優先したいなら上記の2社を選ぶことになる。 そのほかのプランではデータ専用の二段階制プランが業界最安に近い料金設定。 ただ、ほぼスマホを使わない休眠回線向けという特殊な用途向き。

通常の用途として使うなら、容量が多いものの定額(7GB)プランは狙い目ともいえる。 理由は契約容量を超えない限り通信制限がないのでいつでも通信をフレキシブルに行え、かつプランの料金が安いからだ。 ただ、他の格安SIMにあるようなかけ放題や追加チャージといったオプションがないのが痛いところ。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

ぷららモバイルLTEの口コミ

ぷららモバイルLTE定額無制限プランについて

  • str_kさん
  • 40代/男性
利用プラン ぷららモバイルLTE定額無制限プラン
速度満足度 (可もなく不可もなく程度)
利用端末 Aterm MR04LN (NEC)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
ぷららモバイルLTEを選んだ理由
自宅のネット回線もこれ一本で賄いたかったのでとにかく無制限で利用できることを最優先に調べたところ、ぷららとu-mobile、b-mobileに無制限プランがあることが分かりました。
ぷらら以外はLTEの速度で通信できるものの、実行速度のばらつきが激しいらしいので速度が安定しているらしいぷららに決めました。
ぷららモバイルLTEを使ってみての感想
無制限プランはもともと3Mbpsの速度上限が設定されているので最高速度には期待していませんでした。実際に、夕方から0時くらいまでは500kbps以下の速度になることもあります。この時間帯に動画を見ようとしたら頻繁に読み込みで再生が止まってしまいまともに見ることは出来ないことが多いです。テキストや軽めの画像が中心のサイト閲覧程度なら、それほどストレスもありません。しかし深夜から明け方にかけては時には4Mbps以上の速度が出ることもあります。
全体として、動画を見まくりたい人にはむいていませんね。
料金は2980円と、けっして安くは無いので安く運用したい人にもむいていないと思います。
使っていてトラブルに遭ったことは無いのでサポート態勢などについてはよく分かりません。スピードはそれほど必要なく通信量が必要な人で手軽に使えるWi-Fiが近くにないような人にはこのSIMが良いのではないでしょうか。

よくある通信速度詐欺

  • zawaさん
  • 20代/男性
利用プラン 定額(7GB)プラン、音声通話プラス
速度満足度 (とっても不満だ)
利用端末 Xperia A SO-04E (SONY)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
softbank
ぷららモバイルLTEを選んだ理由
料金と毎月のデータ通信料で選びました。
ぷららモバイルに限ったことではありませんが、毎月支払う料金プランによって、月に使えるデータ容量が異なります。
特に私は毎月のデータ使用料が6GB前後だったので7GB,2500円のプランが魅力的で選びました。
ぷららモバイルLTEを使ってみての感想
通信速度が低い、接続も安定しません。
ポケットwifiや格安SIMではよく聞く話ですが、公式サイトなどで公表している通信速度はおそらくチャンピオンデータです。
実際の使用においては、公表している値の半分以下、利用する地域や時間帯によっては1/10以下となります。通信速度の実測比較を行うサイトやクチコミを見てから選ぶべきだったと後悔しています。
低速で接続も安定しないため、動画をまともに見ることができず、毎月のデータ使用料も2GB程度になっています。このストレスを考えると500円程度たして他の業者にすればよかったです。

2000円切る月額!だけど…

  • CUDAさん
  • 10代/男性
利用プラン 定額ライト
速度満足度 (可もなく不可もなく程度)
利用端末 ZenFone 2 (ASUS)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
その他
ぷららモバイルLTEを選んだ理由
初めての格安SIMだったのですが、光回線のプロバイダでぷららを利用しており、ぷららモバイルLTEを家族2人以上で利用すると割安になるようだったので、契約しました。定額ライトプランにSMS機能のオプションを付けて利用しています。
ぷららモバイルLTEを使ってみての感想
月額は安く、良いと思っています。
ですが、通信速度に不満があります。ベストエフォートで下り150Mbps、上り50Mbps出るはずなのですが、外に出ていても1Mbpsほどしか出ません。そこまでスマホは利用しないので、あまり苦ではないのですが、やはりいい気はしないです。
また、原因が不明なのですが、建物の中でつながらないことがあります。友人のソフトバンクのスマホはよくつながっているので、おそらくぷららモバイルLTEが原因だと思われます。

無制限が嬉しいプラン 同僚は首を傾げるが?

  • さくらかえでさん
  • 40代/女性
利用プラン 定額無制限プラン データSIM
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Galaxy S6 edge SC-04G (Samsung)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
ぷららモバイルLTEを選んだ理由
日本に出張に行った時に使っています。会社名義の携帯ですが、同僚の勧めで無制限プランを選択しました。仕事で動画はほとんど見ませんが、たまに取扱い商品の比較動画などをチェックする時に見たりします。スピードは感覚的に最初は遅いような感じがしますが、使い勝手が良いということで選びました。7gbでもよかったと思いましたが「無制限」のプランで900円の差だったらやっぱりこっちの方が良いです。プライべートで動画を見る時間もありますし、Huluもしっかり見れて満足です
ぷららモバイルLTEを使ってみての感想
通信速度は超高速という印象はありませんが、満足するスピードではあります。コスパはサービス内容を考えたらまずまずではないでしょうか?やっぱり無制限でいくらでもという感覚が好きですね。土日はHuluで動画を見る時間が増えました。サイトでリサーチする時に「ちょっと遅い」というか、少し止まった感じがする時がありますが、概ねリサーチ関係はノートパソコンで行うので気にはなりません。どこのプランも魅力的ですが、仲間が楽しく不満なく使っていたので便乗して選択した感じですね。満足度は80%といったところでしょうか。

ぷららモバイルはIP電話では使えないレベル

  • まーぼーさん
  • 40代/男性
利用プラン 定額(7GB)
速度満足度 (やや気に入らない点がある)
利用端末 ZenFone 5 (ASUS)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
その他
ぷららモバイルLTEを選んだ理由
このぷららと契約する前には有名ドコロの格安SIMを使ってIP電話を利用していましたが、通話が途切れたりするなど通信速度の不安定な状態でしように耐えられないことがしばしばありました。そこで、思い切って料金が高めのぷららと契約しできるだけ高速の通信を確保しようとして契約に至りました。
ぷららモバイルLTEを使ってみての感想
結論から言うとこのぷららも他社のSIM同様、IP電話サービスをストレスなく使用するには通信速度が不安定であると言わざるを得ません。着信ができなかったり、通話中途切れたり音質が悪化したりします。高い料金を払い大丈夫だと持っていたのですが、非常に期待を裏切ったSIMです。アプリのダンロードも規制されている感じもありもたつきます。ストリーミングなどの安定した高速大容量通信が目的で契約するつもりならばやめたほうがいいと思います。