TONEモバイル(トーンモバイル)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

TONEモバイル

難しくない!シンプル、わかりやすさが信条のTONE
TONEモバイル
  • スマホセット販売

TONEモバイルはTSUTAYAが提供する格安SIMのMVNOだ。
料金は一律1000円で、大手キャリアのような複雑な料金プランはない。
さらに、TONEの専用端末と格安SIMのセット売りなので、端末と回線の相性なども考えなくてもいい。



スマホ初心者におすすめのMVNOで、シニア層から小中学生など、家族の誰もが使えるわかりやすさと手厚いサポートが特徴だ。



TONEはオンラインストア、全国のTSUTAYAの一部店舗、電話で申し込みができる。


TONEモバイルの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 1,000円~(050のIP電話は利用可)
最低利用期間 24ヶ月
違約金 9,800円
音声通話プラン 最低月額料 1,953円~(090オプションを利用)
最低利用期間 24ヶ月
違約金 9,800円
主なオプション 留守番電話 350円/月
SMS利用 100円/月
データ容量の繰越 なし(高速通信オプションは購入時から31日間有効)
通話料金 18円/30秒
※050から始まるIP電話を利用する場合はTONE同士なら無料。他社携帯へは21円/分
最大通信速度 500~600kbps
制限時の通信速度
対応SIM マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「TONEモバイル」を検討しよう

  • スマホ初心者向けのサポートを希望
  • 家族の見守り機能が欲しい
  • 子供が安全にスマホを使えるように利用状況をコントロールしたい
  • 普段は低速で十分。たまに高速通信があれば良い程度

TONEモバイルでは、スマホを使っていてよくわからないことがあったら、電話で無料相談ができる。操作しながら教えてもらえるので初心者には心強い。


また、無料相談の時間外でも、購入時の箱にスマホを置くだけで端末の不具合を自動的に検知・修復してくれる「置くだけサポート」がある。これは、日常で生じがちなトラブルを解決できる機能で、お年寄りや子供などには手軽に使えて便利だ。


また、家族向けサービスも充実しているのがTONEモバイルの強みのひとつだ。スマホ利用者の居場所確認が簡単にできるので、子どもや高齢者が今どこにいるかすぐにわかる


大事な伝言は本人が確認するまで通知され続けるなどの機能のほか、離れて暮らすお年寄りの脈拍や歩数を計測し、そのライフログデータを家族間で共有するなど簡単な健康状態のチェックも行える。


さらに、子どもが安全にスマホを使えるよう、子どもが使うアプリを親が選択し、利用時間もアプリごとに設定することができるなど機能満載だ。



なお、TONEモバイルでは通信速度が500~600Kbpsと低速だ(その分、容量を気にすることなく使える)。
動画視聴など高速データ通信が必要な場合は、「高速回線チケットオプション」を購入しよう。


TONEモバイルの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
基本プラン 1,953 1,000 無制限 500~600kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

TONEモバイルの最大の特徴はとにかくわかりやすさだ。
料金プランもシンプルに基本プラン(月額1,000円)の1つしかない。


この基本プランには050から始まるIP電話が付属してくるが、もし「電話番号を変えたくない」「IP電話ではなく通常の通話回線を使いたい」という場合は、オプションプランを契約し953円を追加で支払うだけ(月額1,953円)。


ほかの携帯会社にありがちな、×GBまでといった通信容量の制限がないので、今月のデータ量をどれだけ使ったかを考えるわずらわしさもない。


スマホを使ううちにもっとスマホを活用したいと思いはじめたら、オプションサービスで機能を追加して普通に使うこともできる。

オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
SMSオプション 100円 090, 080, 070の電話番号同士でメッセージを送受信できる。
090音声オプション 953円 050番号のIP電話サービスに加え、090, 080, 070番号での通話を利用できる。
高速チケットオプション 300円 動画視聴やアプリをより快適に利用するため、スマホを高速通信に切り替えるオプションサービス。
フラットパックオプション 500円 IP電話1,260円分通話+高速チケットオプション300円分の計1,560円分を月々500円で利用できるお得なサービス。
安心オプション 500円 商品破損・盗難時に該当端末の交換をおこなう。全国約63,000ヵ所でWi-Fi接続の利用ができる。
TONEファミリーオプション 無料 お子様やお年寄りなどのご家族(被保護者)向けにスマホの利用状況や利用制限を管理できる。
  • 価格はすべて税抜で表示

上述したように基本プランに付属するIP電話でなく、普通の携帯回線(090、080の番号)や、今使っている携帯電話番号を引き続き使用したい場合は、090音声オプションを契約し月々953円を追加して払えば、通常の携帯番号を使用して通話ができる。


携帯電話番号でメッセージをやり取りできるSMSは、月額100円のSMSオプションを追加すれば利用可能だ。(メッセージを送るには別途送信料が必要)
LINE、Twitterの認証としてSMSが必要になることがあるので、必要に応じて検討しよう。


TONEモバイルでは保護者向けに、TONEファミリーオプションを無料で提供している。
家族の居所の確認や子どものスマホ利用の制限設定など、スマホで安全管理が行えるサービスだ。



高速チケットオプションは1GBにつき300円で、月に2回まで合計2GBの高速データ通信が可能。通信速度は3Mbpsと通常の5~6倍程度速くなる。


フラットパックオプションは高速データ通信に加え、IP電話1260円分の通話が付いて月々500円で利用可能。IP電話は国内の通常の携帯電話との通話に換算すると60分相当になる。


また、スマホに万一のことがあったときに備え、安心パックオプションに加入することもできる。これは月々500円でスマホの水没や破損、盗難や紛失をした際に追加費用の負担がなく、スマホの修理や代替品との交換ができるというもの(手数料を除く)。


また、このオプションサービスには全国6万ヶ所でWi-Fi(高速無線LAN)が利用できる権利もついてくる。

TONEモバイルのおすすめポイントはコレ!

1000円一律のわかりやすいプラン

複雑な料金設定がないので、自分にあった料金プランがどれにしたらいいのか迷うことがない。

なお、基本プランは正確には「データ専用プラン」だが、TONEモバイルの場合は通話も可能だ。通常の090や080等の携帯番号がなくても、050から始まるIP電話番号が自動的に付与されるためだ。

しかもIP電話は通話料金が格安。TONEの「090音声オプション」での通話は18円/30秒だが、IP電話なら国内の携帯電話へは21円/1分。また、一部を除きIP電話への通話は無料、固定電話は全国一律13円/3分だ。

スマホを使って家族の安全管理ができる

TONEモバイルは保護者向けの機能が充実している。 問題視されている子どもの携帯の使いすぎや、有害サイトへのアクセスを未然に防止できる。

スマホ使用者の安全にも配慮が見られ、最近のIT技術を応用して歩きスマホの防止や離れて暮らす老親の健康状態までチェックできる。1回線1000円で、このような機能が無料で利用できるのはTONEのユニークな特徴といえるだろう。

TONEモバイルのココに注意しよう!

最低利用期間内に解約すると違約金が発生

TONEモバイルも大手携帯会社のように2年契約が前提となっており、なんらかの事情により解約をすると、違約金として9800円の支払いが必要になる。

TONEは格安SIMのMVNOの会社の中ではエントリーユーザー向けにサービスを提供している。2年間の長期契約が前提となるので、通常利用に移行しがちな高・大学生、アクティブシニアには向かないかもしれない。

TONEの高速データ通信の注意点

高速チケット購入で高速データ通信容量を使用できるようになるが、3日間で合計300MB以上使うと速度制限がかかる。 さらに、最大速度は3Mbpsだがベストエフォートサービスなので、地域や時間帯によっては差が感じられないことも。

ほかにも、高速チケットは月に2回、合計2GBまでしか買えないのでスマホに慣れてくると物足りなさを感じるかもしれない。

IP電話の注意点

まず、今までガラケーなどの携帯電話を使っていた人がIP電話に移行すると、いろいろなところへ電話番号変更の手続きをする必要が生じる。

IP電話自体の注意点は、インターネット回線を使用するので、通常の携帯回線を使った通話より品質が若干劣ることだ。 インターネットの電波状況が悪いとつながりにくくなったりすることも。

また、緊急通報(110番/119番)、0120などで始まるフリーダイアルへの通話はできない。上記が気になるなら090音声オプションの申し込みをおすすめする。

端末の持ち込みは不可

TONEモバイルでは端末がセットになっている。そのためお気に入りの端末を持ち込むことは出来ない点に注意しよう。 また、端末は一括購入も出来るが、24ヶ月の分割払いを選んだ場合、月々の利用料に端末代金がプラスされてくる。

TONEモバイルの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

TONEモバイルの速度などの評価・評判

TONEモバイルを利用する方はスマホに初めて触れる人や子どもが多く、レビューする人はあまりいなかった。 ただ、TONEモバイルに興味があり実際の使用感が気になる方もいると思うので、数少ない投稿から抜粋して紹介してみる。参考になれば幸いだ。

まず、一律1000円でスマホが使える、という明確な料金設定が魅力的に映るようだ。 余計なサービスがついていないので無駄を一切省くことができ、必要ならばオプションを任意に追加すればいいという使い勝手を評価している。

ただし、基本の通信速度が遅いので動画を見るには不向きとの声が多い。 低画質にしても再生中に停止するので、自宅にWi-Fi環境がなければ、高速チケット購入が必要。LINEやウェブサイトの閲覧のみならば支障はないとのことだ。

家族向けの無料サービスのTONEファミリーについては、子どものスマホ利用管理機能(使用時間帯制限、インストール制限)は大手キャリアにはないもので、ぜひ子どもに持たせたいとの声がある。

GPS機能のジオフェンスは、子どもが持つスマホが動くたびにメール通知が来るくらい、少し過剰なフィードバックがくるので探索範囲を広くしたとの経験談があった。時間がかかるが居所検索はきちんと行うという点に一定の信頼感を寄せている。

基本プランはデータ通信のみのプランだが、050の電話番号があれば一般電話ともやりとりできる。気になるのはIP電話の通話品質だが、とあるTONEユーザーはIP電話にチャレンジし、屋内のショッピングセンター等で問題なく通話できたという。 ただし、設定が面倒だったとの感想も寄せていた。どうしても難しいと感じたら、無料で電話相談できるサービスがあるので、無理せず聞いてみよう。

ほかには、携帯通信契約に慣れない方で、少し使ってみたはいいが最低利用期間内に解約料がかかるのに戸惑っているユーザーも居た。 TONEはスマホ初心者向けではあるものの、初心者を卒業すると物足りなさを感じることがある。自宅などのWi-Fi環境があれば別だが、少し先の未来を見据えて契約を検討したほうがいいだろう。

TONEモバイルの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

TONEモバイルは格安SIMのMVNOの中でも後発組であり、TSUTAYA提供のどんな人も使えるスマホ回線として売り出している。そのため、他社にはないユニークなサービスを打ち出してスマホを使ったことのないユーザーを取り込みをはかっている。

子どもやシニアでも簡単に使いこなせるスマホ端末、わかりやすい一律1000円の格安プラン、無料の家族の見守りサービスや子どものスマホの安全管理サービスはユーザーに好評だ。 実際にTONEモバイルを使っているユーザーの3分の2がスマホ初心者なので、基本的なサービスがスマホ初心者を前提としていることが多い。(SIMとセットになっている専用スマホが自宅に届いた時点で各種の設定済みなのはそれの最たるものだろう)

スマホを使ったことのない方でも安心して加入できる点がTONEの最大の長所。ガラケーからスマホに移行するはどうもハードルが高い、と感じている方も、いちどTONEに相談してみてはどうだろう。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

TONE m14 トーンモバイル 825 19,800

TONE m15 トーンモバイル 1,242 29,800

TONEモバイルの口コミ

簡単で安く安心して使えます

  • みーなさん
  • 30代/女性
利用プラン 基本プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 TONE m15トーンモバイル)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
TONEモバイルを選んだ理由
スマホの料金が家計を圧迫していたので少しでも料金を抑えたいと調べていた時にトーンモバイルについて知りました。基本の通信速度は遅めですが主に使用するのはメールですし自宅ではWi-Fi環境での使用がメインなので十分と思い選びました。
TONEモバイルを使ってみての感想
基本の通信速度は遅いので動画を見るには不十分ですが、メールが主な使用目的なので不自由はしていません。必要に応じて課金することで速度もアップ出来ますし自宅ではWi-Fi環境で利用しているので全く不自由はありません。
何と言っても基本プランで月1000円と言うコスト面が一番だと思います。また我が家では子供も一緒にトーンモバイルユーザーですが、安全確認の為に子供の居場所を簡単に検索出来るのがとても助かっています。
子供にも簡単に使いこなせる機種なので安心して子供に使わせることも出来てトーンモバイルを選んで良かったと思っています。

初心者に安心格安スマホ

  • きなこさん
  • 20代/女性
利用プラン 基本プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 TONE m15トーンモバイル)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
TONEモバイルを選んだ理由
TONEに切り替えた理由は明確な料金プランです。
「基本プラン」の一つのみで追加オプションを任意で選択という形をとっています。
つまり利用もしないオプションをつける必要はなく無駄を一切省くことが出来、自分にあった料金を選択できるのが魅力的でした。
TONEモバイルを使ってみての感想
通信速度はやはり動画を見るには適しません。低画質でも止まったりします。
ただ「高速チケット」オプションを買えばさくさく見ることが出来ますし、LINEやWEB閲覧のみならば支障をきたしていません。
またサポートも電話だけでなく格安スマホにしては珍しく店舗対応をしてくださっているので安心です。
また簡易的な問題ならば、購入時にスマホが入っていた箱に乗っけると診断してくれるというシステムがあるので面白いです。
ただ、TONEは厳密に言えば格安SIMではなく本体と同時購入が原則です。
現在使用しているスマホを持ち込めません。
しかしキャリアにない「歩きスマホ制限」や「スマホ使用制限」「アプリインストール制限」等、子供に持たせたいスマホではないかと思います。

子供に携帯をもたせるなら

  • MICKEYさん
  • 40代/女性
利用プラン TONEファミリー
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 TONE m15トーンモバイル)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
softbank
TONEモバイルを選んだ理由
子供用携帯をソフトバンクで契約したのですが、月々の使用料の高さから格安SIM会社を探して、この会社にしました。
子供向けのさまざまな制限も考慮されていたのが決め手です。
TONEモバイルを使ってみての感想
通信速度は特に問題ありません。子供にスマートフォンを持たせることに不安があったので、どちらかというと検索が遅いくらいの方が安心でした。
同じ考えの方にはおススメです。サポート体制としてはやはり、子供に携帯を持たせたい両親からの問い合わせが一番多いのでしっかりしていると思います。
スマートフォンに対する不安等に的確に答えてくれます。コスパは余り電話をしない方、ネットをそれほど使われない方には良いと思います。我が家には最適でした。