ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM(ワイヤレスゲート)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM

ワイヤレスゲートなら世界中のWi-Fiとデータ通信が使い放題!
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM
  • 即日MNP対応
  • 公共無線LAN

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMは公衆Wi-Fiサービスで有名な株式会社ワイヤレスゲートが提供する格安SIMサービス。



ワイヤレスゲートは公衆Wi-Fiをメインに低速と中速のモバイル通信の使い放題のSIMサービスを提供すると公言しているユニークな会社。このSIMはヨドバシカメラ各店、またはヨドバシドットコムのみで販売されている。



中速の使い放題プランは、世界中にある公衆Wi-Fiスポット、FONを自由に使える。旅好きな方なら重宝するのでは?


ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの基本情報

データ専用プラン 最低月額料 445円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 1,300円~
最低利用期間 なし
違約金 なし
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 150円/月
データ容量の繰越 不可
通話料金 20円/30秒
最大通信速度 3Mbps
制限時の通信速度
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 docomo
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIM」を検討しよう

  • 多少通信速度が低くてもネットは使い放題がいい
  • ワイヤレスゲートのスポットが近隣にたくさんある
  • 年に何回かは海外旅行へ行く
  • 最低利用期間に縛られたくない

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMは250kbpsの低速と3Mbpsの中速データ通信が使い放題となるプランを提供している。
高速通信を利用したい場合は、近隣のワイヤレスゲートの公衆Wi-Fiスポットを使えば、中低速では時間のかかるアプリダウンロードなどもできる。



ワイヤレスゲートは世界展開している公衆Wi-Fiサービス、FONと提携しており、海外旅行を年に何回かする人なら使い出があるSIMだ。
ワイヤレスゲートは最低利用期間を設けないという画期的な制度を確立させた格安SIM。
海外旅行でスポット的に、もしくは格安SIMを試しに使ってみる、という利用方法もできる。


ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
Fonプレミアムプラン 2,980 1,556 無制限 3Mbps -
480円プラン 0 445 無制限 250kbps -
920円プラン 0 852 3GB 150Mbps 250kbps
1,380円プラン 0 1,278 5GB 150Mbps 250kbps
2,480円プラン 0 2,297 8GB 150Mbps 250kbps
5,490円プラン 0 5,084 10GB 150Mbps 250kbps
音声+250Kbpsデータプラン 1,300 0 無制限 250Kbps -
音声+3Gデータプラン 1,700 0 3GB 150Mbps 250kbps
音声+5Gデータプラン 2,300 0 5GB 150Mbps 250kbps
音声+8Gデータプラン 3,500 0 8GB 150Mbps 250kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMはのプランはごくシンプルで、低速250kbpsと中速の3Mbpsのモバイル通信が無制限に行えるプランの2つのみ。



低速通信のプランの名称は480円プラン、中速通信のプランの名称はFonプレミアムプランという。



低速通信の480円プランはデータ専用SIMのみの提供。
音声通話はFonプレミアムプランでないとできない。



また、両プランともに全国40,000カ所の公衆Wi-Fiスポットで高速(最大54Mbps)インターネット通信が可能。
中速通信のFonプレミアムプランはそれに加え、世界のおよそ1900万カ所のFonスポットが利用できる。
なお、プラン変更やSIMサイズの変更はできないので注意。


オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
通信量チャージオプション 500円/200MB チャージすることで一定量の高速通信が利用可能。
ワイヤレスゲートWi-Fi 無料 日本全国40,000か所のワイヤレスゲートWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が無料で利用可能。
  • 価格はすべて税抜で表示

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMではオプションがほぼない。
自分で欲しい機能は、別途自己調達(アプリやサービス購入等)が必要だ。



公式HPでSNSオプションの記載があるが、SNS付きのSIMを購入することが前提で、後でSMSを解除することはできない。



SNSサービス付きのデータ専用SIMにする利点としては、スマホの電池消耗を低減させることができるというところ。(海外では無理)



いずれにせよ、SIM購入時ですべて決まり、オプションとして明示されているWi-FiやSMSオプションを後で解除することはできない。


ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMのおすすめポイントはコレ!

公衆Wi-Fiを軸にSIMサービスを提供

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMは公衆Wi-Fiサービスを軸にモバイル通信の格安SIMサービスを提供している。 利用できる国内の公衆Wi-Fiスポットは主要なJRの駅、空港、カフェ、ホテルなど。docomo系のMVNOだがdocomo Wi-Fiは使えない。

専用アプリをインストールするとWi-Fiスポットに行くだけで自動接続してくれる。 ただし、このWi-Fiが使えるのはこのSIMを差している端末のみ。他の端末は使えない。

Fonプレミアムプランなら世界中のFONスポットに接続できるが、事前にFONマップなどを確認したほうがいいだろう。 随時、拡充や改定される可能性もあるが、2016年12月現在ざっと確認したところ、ヨーロッパやモスクワ、米国、南米、南アフリカ、豪州、韓国や台湾でスポット数が充実している。

最低利用期間を設けていない

ワイヤレスゲートはこれまでキャリアで常識だった、2年縛り(格安SIMでは最低利用期間)のない音声通話SIMサービスを2015年4月に開始した。

当初は物議を醸したようだが、契約期間を設けない格安SIMがそれから続々登場している。

ただ、各社では短期のMNP転出で利を得ようとする者を排除するために対策がされている。 ワイヤレスゲートで1年以内のMNP転出料を高額に設定しているのはそのため。 ただし電話番号を引き継がないで解約する場合は、手数料というハードルがないのでいつでも自由に解約ができる。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMのココに注意しよう!

SIMカードの再発行やサイズ変更不可

紛失や機種変更によるSIMカードの再発行やサイズ変更はめったにないものなので、あまり気にしなくてもいいのだが、ワイヤレスゲートではSIMカードの再発行やサイズ変更ができないため上記の状況に陥った場合、解約手続きが必要になる。

MNPしないと電話番号の引き継ぎができないので音声通話SIMを契約していて最低利用期間にかかっている場合は、高額のMNP料を支払って解約するか、電話番号を新しくすることになる。

ネット使い放題でも速度(帯域)制限がある

たとえ使い放題のプランであっても、通信制限を実施することがある。 条件はファイル交換(P2P)アプリの使用、帯域を継続的かつ大量に占有、他の契約者に影響を与えるような短期間かつ大容量のダウンロード。以上に当てはまるときは速度制限(250kbps以下)や使用制限をすることがある。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの速度などの評価・評判

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMはユーザーの評価が二分されている。 それは、ユーザーのいる地域によって速度が速いところと遅いところが見受けられるため。

このSIMは都市住民が手にしやすいことから、契約者数が多い都市では通信速度が遅い傾向があり、反対に地方都市や山間部では契約者数が少なく高評価となる。

地域によってはベストエフォート以上の速度があるとのレビューも。 地域によってサービス水準に差があるため、最低利用期間がないので、捨て(携帯)番号で試用してから本格移行するという方法もある。

ほかにも、通信容量が無制限で利用できるのでそれを生かしてラジオ電波が届かない地域でRadikoを聴いたり、子どもに持たせて無料通話(スカイプやLINE)で連絡を自由に取ったりという具体的なレビューも多かった。

ワイヤレスゲートのユーザーとしては当たり前すぎるのか、公衆Wi-Fiサービスをメインとして使っている体験談は見られなかったが、近くにワイヤレスゲートの公衆Wi-Fiスポットが多数あるなら、使い放題で高速Wi-Fiの無料サービスのあるSIMはとてもお得だと思う。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMは高速Wi-Fiスポットとデータ通信が使い放題になるSIMだが、公衆Wi-Fiスポットが使えるSIMはほかにもいくつかある。

ワイヤレスゲートのように公衆Wi-Fiスポットが無料で利用できるのは、OCN モバイル ONE、BIGLOBE SIM(6GB以上)、U-mobile、UQ mobile、NifMoなどがある。

ワイヤレスゲートに及ばないものの、都市圏居住者以外でも使えそうな公衆Wi-Fiが使えるSIMは、OCN モバイル ONE、BIGLOBE SIM、U-mobile。 そのうち、ネットの使い放題ができるのはU-mobileだが高速通信なので料金は高め。 ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの通信速度は中低速なので、速度を重視したいならU-mobileがおすすめだ。

ほかに、自社サイトでなくヨドバシカメラの店舗やネットショップでないとSIMが手に入らないのは独特。 オプションサービスもほぼないに等しい(SIM購入と同時に決定)し、他社にあるようなスマホのセット販売もない。 通話対応SIMもあくまでデータ通信の添え物のような扱いに見える。

ワイヤレスゲートは最低利用期間がないので手軽に使えるSIMだが、過去にスマホを何台も使ったことのある人やある程度通信サービスに慣れた人が使うSIMという印象がある。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMの口コミ

すごくオトク

  • アカリさん
  • 30代/女性
利用プラン 音声+5Gデータプラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 ZenFone 2 (ASUS)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを選んだ理由
スマホを見に行った時に、店頭でおすすめされたため契約しました。自分の現在の料金と変更後の金額を計算してくれて、いくら安くなるか具体的な数値を見せてくれて、ずいぶんオトクになることを知りましたので、その場で契約しました。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを使ってみての感想
毎日外で使っていますが、動画を観る時にたまに止ってスムーズに観れないこともありますが、概ね満足しています。5GBを最大まで使うことはありませんが、足りなくなるよりは安心感があるし、以前の料金よりはずっと安いですので、今後も利用していこうと思っています。できれば、5GBで契約していても使わない分の分は値引きみたいなサービスがあるとうれしいと思います。使わない時は、1GB程度しか使わない時もありますので。

キャリアは高すぎる

  • ニックさん
  • 30代/男性
利用プラン 楽天モバイル 3.1GB
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 P8lite (HUAWEI)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを選んだ理由
大手キャリアを利用していたときは毎月8000円程支払っていまして節約したいという思いがあったので格安SIMを調べました。いろいろ調べるとそれほど大手キャリアと使い勝手やできなくなることがほぼなかったので格安SIMにしました。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを使ってみての感想
格安SIMに変更して毎月支払う金額が3分の1程になりました。通信速度も不満はなくストレスなく使用できています。格安SIMにしたときに新たにスマートフォンも購入したので操作に慣れるまでは少し時間がかかりましたがキャリア利用時と変わらず使えています。支払う金額が下がって使い勝手含め遜色なく利用できているのでとても満足しています。サポートについても問い合わせの電話もすぐにつながりましたし丁寧に対応してもらえましたので満足しています。

通話のみのSIM

  • キム卓さん
  • 20代/男性
利用プラン データ+音声プラン
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 iPhone SE (Apple)(既に持っていた端末をそのまま利用)
以前に利用していた
キャリア
docomo
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを選んだ理由
さがしていた物がやっと発売された気がします。ただ通話のみのシムを探していたので、非常に助かります。キャリアで通話のみサービスなしで743~900円台でしたが、ソーネットのシムで最低月額700円で済みます。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを使ってみての感想
コスパはかなり良いと感じています。電話番号のみ維持したいと思い、SIMでMNPして、使用すればかなり使い勝手がよい物になります、通信面はwi-fiを使えばいいだけだと思います。制限なしのwi-fiで3990円台で済みます、そのwi-fi1台でPCでも使えて、とても便利でその上コスパもかなり良いです。普通にキャリア契約していた時な馬鹿らしく感じます。持ち運びの面でも非常に快適ですに、端末も使い勝手もいいです。

スマホ代を大幅にカットすることができました

  • 京漬けさん
  • 30代/女性
利用プラン 通話SIMプラン20GB
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Blade V6 (ZTE)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを選んだ理由
業界最安値というWeb広告を見て直感で決めました。テレビCMもおしゃれで若者向けのモバイルだという印象です。サイトに載っている端末の画像も見やすくかったです。端末のデザインもシンプルで使いやすそうだと思いました。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを使ってみての感想
宣伝をたくさんしているので利用者が急激に増加しているなと感じています。利用者が急増しても通信速度は今までと変わりなく、パケ詰まりなどのトラブルも少ないです。電話がメインでデータの容量が毎月余ってしまうのですが、リセットではなく繰り越しなので得した気分です。容量が一目でわかるようになっているので計画的に使うことが出来ます。月々のスマホ料金12000円から7000円ぐらいに抑えられるようになり経済的です。

ワイヤレスゲートの公衆無線LANも使える激安SIM

  • Yukkiさん
  • 30代/男性
利用プラン Wifi + LTE + 480円プラン(SMS機能付き)
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Nexus 5 (Google)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを選んだ理由
ワイヤレスゲートを選んだ理由は、ズバリ値段です。当時、月額の利用料金が安く、契約内容もシンプルで解約料金もかからないのが、はじめて格安SIMを利用する自分には安心して使えると思いました。また、ヨドバシカメラで購入することができ、わからないことや不安なことは、気軽に店員さんに聞けるのも選んだ理由の一つです。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMを使ってみての感想
ワイヤレスゲートはドコモの回線なので通信の安定性は高いと思います。通信速度については、以前はもう一つ上のランクの1380円のプランに加入していたのですが、すぐに制限がかかってしまい、一番下のランクにしたのですが、ネットの閲覧やメールやLineでしたら問題なく利用できます。もし、動画などのストリーミングの再生やアプリのダウンロードについては、ワイヤレスゲートの公衆無線LANが無料で利用できますので、そちらを利用してます。