Y!mobile(ワイモバイル)で使える端末情報、通信速度や使い勝手などの評判も

Y!mobile

かけ放題で選ぶならY!mobile
Y!mobile
  • スマホセット販売
  • 通話定額あり
  • 即日MNP対応
  • 公共無線LAN
  • 店舗窓口あり

イーモバイルとウィルコムが合併し、ソフトバンク傘下となりヤフーと業務提携して始まったのが、全部コミでニャンキュッパ~のY!mobile。ソフトバンクの格安ブランドにあたる扱いとなっている。



Y!mobileはキャリア回線を借りるのではなく、自社回線でサービスを提供する通信事業者でM
VNOではないが格安SIMの会社としては大手となる。



通話無料サービスを展開しており、音声通話の格安SIMを検討している人には最適だ。


Y!mobileの基本情報

データ専用プラン 最低月額料
最低利用期間
違約金 なし
音声通話プラン 最低月額料 2,980円~
最低利用期間 24ヶ月
違約金 9,500円
主なオプション 留守番電話 300円/月
SMS利用 3円/通
データ容量の繰越 不可
通話料金 ・1回あたり10分以内の国内通話料無料(月300回まで)
・10分超過分において30秒につき20円(料金月内に国内通話が300回を超過した場合は、10分以内の通話でも、30秒につき20円)
最大通信速度 110Mbps
制限時の通信速度
対応SIM 標準 / マイクロ / ナノ
使用回線 Y!mobile
初期費用 3,000円

こんなタイプの人は「Y!mobile」を検討しよう

  • 携帯は通話がメインの人
  • 格安SIMでもしっかりした通信速度が欲しい
  • Yahooのサービスを使いたい
  • 格安SIMで複数回線の契約をおトクにしたい
  • お店でいろいろ話を聞きたい

Y!mobileは10分以内の通話は月300回まで基本的に無料。1日に1~2時間の通話なら通話料がかからない。さらにオプションで追加料金を支払えば国内通話がかけ放題になる。


格安SIM会社のMVNOは、どうしても大手キャリアと比べると通信速度が見劣りする。しかし、Y!mobileは自前の回線を使いサービス提供できる通信事業者なので、大手キャリアと同等の通信が期待できる。


さまざまなYahooサービスと連携しており、YahooIDを登録して、Y!mobileの契約端末からYahoo! JAPANのサービスを利用することで、マイルが貯まりおトクにY!mobileが使えるようになる。また、Yahooドメインのキャリアメールが使えたり、クラウドのデータ保存サービスも利用可能だ。


Y!mobileでは複数回線の契約が格安にできる。家族割引制度は他社にもあるものの、Y!mobileの割引額は破格。シェアプランは高速通信データの容量をシェアするかたちで、データ通信専用の端末(3つまで)にSIMを持たせることができる。追加料金がかかるものの、個別に回線契約するわけではないので月額料がお得になる。
Y!mobileでは全国に1000店以上のショップがあるので、サポートを受けたいときにも気軽に行くことができる。


Y!mobileの格安SIMプラン解説

通信量・コース名 月額料金
(通話付き)
月額料金
(データ専用)
通信容量 最大通信
速度
制限時の
通信速度
スマホプランS 2,980 0 1GB 110Mbps 128kbps
スマホプランM 3,980 0 3GB 110Mbps 128kbps
スマホプランL 5,980 0 7GB 110Mbps 128kbps
  • 価格はすべて税抜で表示

Y!mobileのプランはスマホプランS/M/Lの3つ。それぞれの違いは高速データの通信容量の多寡になる。各々の容量は1GB/3GB/7GB。



Y!mobileの音声SIMプランの一番の特徴は、月300回(10分以内)の通話無料サービスが標準で付帯していることだ。通話をよくする人にとってはたいへん魅力的に映るだろう。なお、月300回または10分以上の通話になると、30秒につき20円の通話料がかかる。



ほかの格安SIM会社のMVNOと比べて音声通話サービスを手厚くしたためか、データ容量の種類が少なめとなっている。これはオプションプランを申し込めばデータ容量を増やせるので、調整は可能だ。

オプションプラン

オプション名 月額料金 内容
スーパーだれとでも定額 1,000~1,500円 通話時間、回数とも無制限に国内通話かけ放題。「ケータイプラン」ならパケット使い放題。
だれとでも定額 934円 「ケータイプラン」専用オプション。他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が月500回まで無料。
データ容量2倍オプション 500円 「スマホプラン」専用オプション。高速データ通信量が2倍に。
アドバンスオプション 1,684円 「Pocket WiFiプラン2」専用オプション。7GBを超えてもずっと高速で利用できる。(アドバンスオプション割引適用時684円)
  • 価格はすべて税抜で表示

Y!mobileは通話サービスを強化した格安SIM会社なので、完全な通話無料サービスもある。スーパーだれとでも定額は、通常のスマホプランに月々の定額料を追加で支払えば、通話時間や回数の制限なく国内通話が無料になる。



Y!mobileではデータ容量の選択肢が少ないが、オプションでデータ容量の追加もできる。快適モードというオプションプランを申し込むと、スマホプランで設定されているデータ容量を超えても、自動で容量が追加されるので通信速度を維持したまま通信が行える。データ追加は任意の回数(無制限または1~10回)できる。月の上限回数の設定もできるので、使いすぎてしまうこともない。追加容量は500MB単位で行える。



故障安心パックプラスは、Y!mobileで購入した端末が万一のトラブルに見舞われたときの保証サービスだ。サービス内容は7つあり、物理的故障は修理代金を全額割引、水濡れや全損では修理代金を5000円に割り引く、外装破損は90%引きと手厚い。紛失/盗難の場合は会員価格で端末購入も可能。電池交換も無料だ。物理的保証のほか、ウィルス感染のトラブル除去にかかった費用の補てん(上限5000円)、データ復旧サービスもある。物理保障以外のサービスがあるのはY!mobileのユニークなところ。



ITに詳しくない方向けに心強いサービスがある。ワイドサポートはY!mobileで購入した端末や機器以外にも、パソコンやプリンタ等周辺機器、ゲーム機、デジカメなどの操作や設定方法を案内してもらえる。オペレーターは電話やリモート操作で対応。自宅のネット設定やIT機器で困ったことがあっても、相談できるところがあれば安心だ。



他にも格安SIMの大手ということで、さまざまなサービスを取り揃えている。ただし、端末により料金や提供されるサービスが変わってくるので、気になる方はY!mobileサイトのチャットで問い合わせしてみよう。


Y!mobileのおすすめポイントはコレ!

Y!mobileは通話をよくする人向けに最適!

ほかの格安SIM会社に見られない、通話料無料のサービスを提供しているのはY!mobileだけ。古いガラケーを買い替えたいけど、通話しかしないと思っている方でもスマホプランは有用です。国内通話なら無制限に無料になる、スーパーだれとでも定額という究極のオプションプランもあります。

Yahoo!Japanとの連携サービス

キャリアメールがYahoo.ne.jpのアドレスになる。スマホ専用にYahooドメインが欲しい人に向いている。 パケットマイレージは、Yahooのサービスを利用することでマイルが貯まり、そのマイル数に応じてランクが決定。ランク次第で翌月のデータ容量の追加料金が無料になる。また、Yahooのアプリやトップページ利用でY!mobile関連の特典が当たるくじも引ける。

パケット関連ではEnjoyパックがある。月額料を払うと月額料相当のパケット料やクーポンがもらえ、Yahoo!かんたんバックアップの容量も30→50GBに。各種コンテンツも視聴可能と特典がたくさんある。

Yahoo!かんたんバックアップはクラウド上のストレージサービス。ボタンひとつでスマホの連絡先や写真、動画をバックアップ。定期的にバックアップする機能もあって便利だ。

家族割引は格安SIM会社にしては割引額が高い

家族でまとめてY!mobileの回線を使用すると、2回線目以降の月額基本料が9回線まで500円割引になります。家族で契約すればかなりの通信費の削減になる。

また、家族回線は契約者と別プランを契約可能。ケータイプランなら月額料は無料になるので、高齢の祖父母にケータイを持たせても維持費がかからないので気軽に使ってもらえる。(電話機代金は別途)

Y!mobileのココに注意しよう!

契約期間が2年間と長い

スマホプランは大手キャリアと同様の2年間の契約期間がある。更新月に申し出ないと自動更新され、更新月以外の解約に契約解除料9500円がかかるところも似ている。回線の解約以外にも、契約期間が2年未満のプランに変更する場合(主に契約期間を設けない月極めのスマホベーシックプラン)も同様になる。

通話をしない人には月額基本料が高めになる

Y!mobileの格安SIM会社たる特徴は、通話料金の安さにある。データ通信のみをしたい人は申し込みチャネルが限られるなど、通話する人メインにサービスが提供されている。 音声通話が不要もしくはほとんどしない人、受け専用だったりする人は、ほかの格安SIM会社に比べて料金が高めになる。

Y!mobileの速度などの評価・評判と他MVNOとの比較

Y!mobileの速度などの評価・評判

ネット上ではおもに通信速度と料金、サービス内容についての投稿が多かった。 大手キャリアから乗り換えたライトユーザーは、以前使っていところと違和感なく使える、高速データ通信では差は感じない、使い勝手に問題はないとのことだ。データ通信を毎月コンスタントに使うユーザーからは、格安SIMとdocomoの中間レベルとの実感があるという。MVNOと違い自社回線を使っているので通信品質は高いはずだが、ソフトバンク系の回線はdocomoやauに比べ通信が安定せず、品質の点では見劣りするとの声が散見される。速度制限がかかると、翌日はWebサイト(Yahooのトップページ)も開くにも時間がかなりかかるくらい、制限が厳しすぎて実質使えなくなる場合もあるようだ。月々の通信容量の管理は必須と思われる。

料金面については、大手のかけ放題に負けない料金設定なので、通話をする人には満足感が高いようだ。ただし、高速データ通信を使う場合は、大手キャリアより安いがMVNOを選択した方がもっと安く済む、とコストパフォーマンスに若干の不満が漏れる。

Y!mobileのオプションサービスなど、有料、無料含めたサービスはdocomoやauとさして変わらず、乗り換えしても特に困ることもないようだ。ただ、店舗のサービスの品質はバラつきがあるという。ネット申し込みであればサービスも一定の品質を保っているので、契約をする際には一考してほしい。

Y!mobileの特徴と他MVNOの格安SIMとの比較

最近は格安SIM会社でもかけ放題サービスを提供しているが、Y!mobileはこの種のサービスを先駆けて行ってきた。現在でも他者を大きく引き離すサービス内容なので、通話をメインで携帯を使う方はY!mobileを最優先に検討していい。

また、家族割引制度のある格安SIM会社もあるにはあるが、Y!mobileの割引額は比較にならないくらい大きい。家族全員で乗り換えすると桁違いの節約に。

データ通信の実効速度はほかの格安SIMと比べ大きくリードしている。ソフトバンク系の回線は、他の大手に比べると電波状況がよくないといわれているが、自回線の強みは揺るがない。ユーザー数が増えて回線が混雑しがちになっている、大手キャリア系の格安SIM会社のサービスと比べて安定した通信環境が望める。

Y!mobileでは他社で扱っていないSIMフリーのスマホ、GoogleのNexusがある。格安SIM会社の低スペックモデルに不安を覚える人も安心して使える。

Y!mobileは格安SIM会社のデメリット(通話が多いと不利、ショップが少ない)をカバーし、メリット(大手キャリアより格安料金)を実現している会社だ。通信品質と価格、サポートのバランスがとれた格安SIM会社といえるだろう。

セット販売されているスマホラインナップ

本体画像 機種名 メーカー名 端末代
(24ヶ月分割)
端末代
(一括)

iPhone 5S Apple 2,268 54,540

DIGNO E 503KC 京セラ 30,000

507SH シャープ 2,000 48,100

LUMIERE 503HW Huawei 1,500 36,100

Nexus 5X Google 2,000 48,100

DIGNO C 404KC 京セラ 1,200 28,900

Y!mobileの口コミ

10分通話無料なので電話しやすいのがいい

  • 田中さんさん
  • 40代/男性
利用プラン プランS
速度満足度 (とても快適で満足している)
利用端末 AQUOS CRYSTAL Y2シャープ)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
Y!mobileを選んだ理由
Y!mobileにした理由は、他の格安sim会社では用意されていない無料通話プランがあるからです。
格安simって通話料が30秒20円と高めなのがネックでした。
キャリアだと掛け放題がついてるので通話料金を気にせず電話をすることが出来たんですが、この辺りが気になり無料通話のあるY!mobileを選びました。
Y!mobileを使ってみての感想
Y!mobileのお店が街中やイオン内にあるので、加入や解約の手続き、機種変更などお店に行ってスタッフに全部してもらえるのがとても楽です。
格安simってこういうサポート面が弱いところが多いので、この辺りはY!mobikeならではのメリットだと思います。
通信速度に関しては以前使ってたキャリアとほぼ違和感なく使えてます。
電波の入り方も同じですし、通話の音声品質も申し分ないです。

気に入ってるのは加入するキッカケでもある無料通話です。
長電話はしないほうですが電話をかけることはよくあるので、この10分無料通話にはとても助けられてます。
これでキャリアより月額料金が5000円ほど安くなってるんですから、大満足です。

ワイモバイルは無料通話つきで便利でした

  • げんさんさん
  • 40代/男性
利用プラン スマホプランS
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Nexus 5Google)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
Y!mobileを選んだ理由
私がワイモバイルのスマホプランSで新規契約した理由は、ケーブルテレビの「ジャパネットたかた」の番組でワイモバイルを「月々1980円で利用可能」という宣伝を見た為で、それまで使っていたdocomonoガラケーの月5000円前後の利用料金より安かったワイモバイルに携帯電話を乗り換えました。
Y!mobileを使ってみての感想
私がそれまで10年以上使っていたドコモのガラケーの携帯電話からワイモバイルの「スマホプランS」に乗り換えてから、ワイモバイルでは無料通話が300回分、1回分10分あたりの無料通話を使えるようになり、携帯電話の通話料金を気にする事が一切無くなりました。
また、ワイモバイルは2004年の12月に乗り換えを行ったのですが、契約から一年後にはMNP割引の1080円が適用されなくなってしまい、毎月2980円の使用料金を払わなくてはいけない点が、いくらか腑に落ちない部分ではあります。

Y!mobileのいいところ、気になるところ。

  • ケイタさん
  • 40代/男性
利用プラン スマホプラン S
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 Nexus 5XGoogle)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
au
Y!mobileを選んだ理由
テレビCMを見たのがきっかけです。それに加えて、料金プランがシンプルで分かりやすかったこと、ヤフーとの連携サービスがあること、他社の携帯や固定電話への通話料が、10分以内であれば月に300回まで無料というサービスがあることにも魅力を感じました。
Y!mobileを使ってみての感想
一番気になるのは通話音質です。正直、これは乗り換える前の方がよかったと思います。料金に関しては高いとまでは思いませんが、契約した後に他社のHPを見たら、同じような条件で安いところがあったので、少しだけ後悔しました。
それ以外は問題なく使っています。通信速度は問題ありません。ネクサスも動作が速くストレスなく使えています。
最後に、これは蛇足かもしれませんが、契約する時にカウンターにいた方があまり知識がないようで、少し信頼感に欠けるところがありました。

コスパ最高で快適!

  • りささん
  • 20代/女性
利用プラン データプランM
速度満足度 (とても快適で満足している)
利用端末 AQUOS CRYSTAL Y2シャープ)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
docomo
Y!mobileを選んだ理由
他社ではかけホーダイに必ず入らなければならず、通話をほとんどしない私にはもったいなく感じていました。Y!mobileでは3分までの通話が月300回までなら無料で使える点が自分に合っていると重い乗り換えました。
Y!mobileを使ってみての感想
通信速度は遅くないです。他社を使っていた頃と差は感じられません。使い勝手も特に問題はありません。取扱説明書もしっかり入っており、詳しく書いてありました。アプリもしっかり起動しますし、使えないということはありませんでした。通話も不自由な点はありませんでした。音質、画質なども普通かと思います。Wi-Fiもちゃんと繋がります。格安SiMということで不便な点が多々あるかと思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。通話をあまりしないユーザーにはコスパがとてもいいと思います。

まぁまぁですかね

  • magumaguさん
  • 30代/男性
利用プラン データプランL
速度満足度 (まあまあ満足)
利用端末 MediaPad M1 8.0Huawei)(格安SIM乗り換え時に新たに購入)
以前に利用していた
キャリア
その他
Y!mobileを選んだ理由
元々、イーモバイルのワイファイルーターを契約していたのもあって、契約情報を引き継げると思い、あらたにタブレット用のSIMを契約しました。カタログに記載してある料金やオプションが明確だったのでわかりやすく、契約しました。
Y!mobileを使ってみての感想
タブレットのデータ通信専用SIMとして契約しています。ゲームやネットを使うためだけに使ってますが、他の業者のものより通信は早く、安定しています。料金は若干高めかもしれませんが、上限7GBまであることと、タブレット専用として使うにはオススメだと家電量販店の方も仰っていたのですが、その通りでした。元々イーモバイルでなおかつソフトバンク傘下なので新規参入という感じではないのでサポート体制なども充実しています。